このページでは、Javascriptを使用しています

社会


現在位置:トップページ> 社会> 記事


本番へ熱気高まる - 「白狐おどり」に参加/「お城まつり」で披露

2017年3月21日 奈良新聞

まつり本番に向けて合同練習に臨む津軽三味線同好会のメンバー=20日、大和郡山市洞泉寺町の源九郎稲荷神社

 大和郡山市の「お城まつり」(26日~4月9日)の会期中の主要イベントの一つ、時代行列・白狐(びゃっこ)お渡りで披露される、源九郎稲荷神社の「白狐おどり」の稽古が佳境を迎えている。地域住民が担当するお囃子(はやし)の三味線に、今年は奈良大学津軽三味線同好会のメンバーが参加。20日には同神社で初の合同練習が行われ、4月2日の本番に向けてしだいに熱気が高まってきている。

 同神社は歌舞伎「義経千本桜」の源九郎狐ゆかりの神社として知られる。白狐おどりの軽妙な節回しのお囃子は、笛と太鼓、三味線などの約30~40人で構成。しかし、地元のメンバーらの高齢化などで若い層への継承が必要となってきた背景もあり、同神社責任総代の中川国昭さん(76)と同大の千田嘉博前学長との交流から、今回同同好会が初めて加わることになった…

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

紅葉の美 段階変化 - 等彌神社で見ごろ写真付き記事[2017.11.17]

名曲で名所、歴史歌う - 県内観光地の魅力 20市町村PR[2017.11.17]

20歳迎えるはずだった - 楓ちゃん事件きょう13年写真付き記事[2017.11.17]

文人大名として活躍 学芸通じて地位向上 - 柳沢文庫で「柳沢保光」展[2017.11.17]

地域住民、生徒ら交流 - 平城“食と農”ふれあいフェスタ写真付き記事[2017.11.17]

県産木材の魅力PR - 吉野材使い木質空間/東京の書店でイベント写真付き記事[2017.11.17]

平城京六条大路 南北側溝を発見 - 東西横断裏付け/大安寺旧境内写真付き記事[2017.11.17]

雇用対策に課題 - 少ない県内企業、進まぬ待遇改善/県民アンケート[2017.11.16]

被害総額162億円に - 奈良高で施設破損/台風21号[2017.11.16]

在庫わずか やさしい味 限定300本 - 地産サトイモで三宅の焼酎完成写真付き記事[2017.11.16]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ