このページでは、Javascriptを使用しています

総合


現在位置:トップページ> 総合> 記事


飛躍願い町長ジャンプ! - 開運橋ライトアップ/三郷町制50周年記念

2017年3月21日 奈良新聞

電飾の付いたスーツを着てバンジージャンプをする森宏範・三郷町長=18日、三郷町南畑と平群町信貴山を結ぶ開運橋

 信貴山朝護孫子寺の参道にあたり、三郷町南畑と平群町信貴山を結ぶ開運橋で18日、ライトアップ完成記念の点灯式典が行われた。記念した「開運橋ナイトバンジージャンプ」で、森宏範・三郷町長がファーストジャンパーを務めた。

 ライトアップは、今年度、三郷町が町制施行50周年を迎えるのを記念。手すり部分の足元灯と、トラス部分を照らす橋脚のスポットライト約10台が設置された。毎日、午後5時から同10時まで点灯される。

 平群町信貴山の信貴山観光ⅰセンターで行われた点灯式典では、森・三郷町長と岩崎万勉・平群町長らが、あいさつに続き点灯ボタンを押すと、橋が美しくライトアップされた。 

 このあと行われたバンジージャンプでは、電飾のついたスーツに着替えた森町長が、橋の中央から高さ約30メートル下の水面に向かって跳躍すると、集まった多くの町民らから歓声があがった。無事大役を果たした森町長は「三郷町のさらなる飛躍を願って飛んだ。ライトアップが信貴山観光の起爆剤になればと思う」と話した。

 開運橋は、昭和6年に完成。全長106メートルあり、平成19年には国の登録有形文化財になった。今年2月末に補修工事と再塗装が完了している。

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

「合併施行方式」で - 京奈和道整備[2017.07.26]

万葉人に思い重ね - 藤原宮跡、ハス見頃写真付き記事[2017.07.26]

「藤間家住宅」修復へ - 無人で老朽化、倒壊の危険性写真付き記事[2017.07.26]

未来の“匠”仕事体験 - 県内高校生、技術学ぶ写真付き記事[2017.07.26]

楽しく生活習慣を - 県教委「元気なならっ子約束運動」始まる写真付き記事[2017.07.26]

周辺状況更新が重要 - 車の自動走行を考察/学研都市の「エジソンの会」写真付き記事[2017.07.26]

大久保、決勝満塁弾 - 第99回全国高校野球選手権奈良大会 準々決勝写真付き記事[2017.07.26]

組織刷新求める声 - 後任人事は難航か/自民県連[2017.07.25]

ウナギで元気 - きょう土用の丑写真付き記事[2017.07.25]

「幻の大寺院」実像を感じて - 来年、発見から10年で/奈教大で常設展示写真付き記事[2017.07.25]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ