このページでは、Javascriptを使用しています

社会


現在位置:トップページ> 社会> 記事


くずし字解読にスマホ版 - 木簡などより高度に解析 汚れを取り除くアプリも

2017年3月17日 奈良新聞

新たに開発されたMOJIZOのスマートフォン・タブレット版の画像=奈良市佐紀町の奈良文化財研究所

 奈良文化財研究所(奈良市)と東京大学史料編纂所(東京都)は、きょう17日午前10時から、難読文字を画像から検索する木簡・くずし字解読システム「MOJIZO(モジゾウ)」のスマートフォン・タブレット版を公開する。併せて木簡や古文書の汚れなどを取り除く画像処理アプリ「MOJIZOkin(モジゾウキン)」も開発。携帯端末のカメラを使用し、どこでも手軽に精度の高い解析結果を得られるようになった。

 モジゾウは奈文研と史料編纂所が共同開発し昨年3月から公開。解析したい文字画像(1字分)を入力すると、奈良時代から江戸時代までの文字資料約3万画像約6000文字種の中から、類似度が高い順に文字が表示される。

 これまでもスマホなどの携帯端末で使えたが、画面が小さいために使いにくかった。そのため、解析結果の表示を8文字から6文字に変更するなど、小型画面サイズに合わせてデザインを変更。携帯端末で使用する場合の利便性を向上させた。

 一方、モジゾウキンは、木簡や古文書などに特化した画像処理アプリ。文字の周りの汚れや背景の木目を取り除いたり、文字部分の墨を加えるなどして画像を鮮明にした後に、モジゾウで解析するとより高い精度の結果が期待できるという。これまではパソコンの画像処理ソフトを使用しなければならなかったが、携帯端末でも手軽にモジゾウを使用できるようになった。

 このほか、モジゾウには英語や中国語など外国語案内も新たに追加された。

 奈文研などによると、モジゾウのアクセス数は今年2月末までに22万3533件で、専門家だけでなく一般の人も活用。公民館などで行う古文書教室のほか、刀の銘文を読みたがる「刀剣女子」から問い合わせがあるという。

 渡辺晃宏・奈良文化財研究所史料研究室長は「スマホなどで使いやすくしたことで、多くの人により広く親しんでもらえれば」としている。

 モジゾウのURLは、http://mojizo.nabunken.go.jp/。モジゾウキンのアプリはiPhone用のみ。アップルストアで無料配布している。

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

一般会計5067億円 - 荒井県政で最大/県新年度当初予算案[2018.02.22]

県、近く「3者協定」 - 平城宮跡と一体活用/県新年度当初予算案写真付き記事[2018.02.22]

手作り品やパン 大人気 - きょうまで「ならリビングフェスタ」写真付き記事[2018.02.22]

農業への理解深めて - 県内新小学5年生向け教材本贈呈/JAならけん写真付き記事[2018.02.22]

委託業者、契約も慎重に - 県産廃排出事業所管理者研修会写真付き記事[2018.02.22]

饗宴施設か、建物跡 - 蝦夷や隼人もてなし?/飛鳥寺西方遺跡写真付き記事[2018.02.22]

県文書の開示答申 - 行政文書に相当/月ケ瀬土砂掘削[2018.02.21]

“自分でやる”楽しさを - 御所「ときの森」がベスト・オブ・デイサービス賞写真付き記事[2018.02.21]

近隣府県との違い顕在化 - 自治体で異なる民泊規制[2018.02.21]

公立高 23校で3374人挑む - 特色選抜が始まる写真付き記事[2018.02.21]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ