このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2017年3月15日 奈良新聞

 行政に求められる財政改革と地域振興。その両方を同時に進めるのは至難だが、だからこそ市民は首長の手腕に期待し、予算の出来に注目する。

 これが選挙なら各候補者の公約を検討、市民が自ら審判を下すところ。現職首長の場合は議会が代わって政策を精査し、是非を決めることになる。

 地方自治法は予算を調製、執行する権限を首長に与える一方、予算を定める権限は議会にあると規定。双方がうまく機能することで、地方行政はバランスが取れて真っすぐ進むことができる。

 逆にもし議会が予算案を否決すれば行政は混乱、住民生活にも影響が出かねない。議会にとって重い判断。首長の責も厳しく問われることになる。

 そんな事態が昨年度、奈良市で起きかけた。結果は議会が修正案を通して暫定予算を回避したが、今回も原案可決は厳しい情勢。また橿原市でも不明朗な支出をめぐり、議会が緊迫している。

 予算案の修正を迫られたり、否決されるのは首長への事実上の不信任と知るべき。また議会も市民の代弁者としての自覚を忘れず、より充実した予算審議を進めてほしい。(松)

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

修正予算案を可決 - 「超小型車」削除/橿原市会[2017.03.24]

高田商、初戦突破ならず - 第89回センバツ写真付き記事[2017.03.24]

今夏めどに骨子案 - 県が作業本格化/県がん対策第3期計画[2017.03.24]

開花宣言デビューへ - 気象台の「標本木」変更/庁舎移転で写真付き記事[2017.03.24]

花会式へ輝く仏様 - 薬師寺でお身ぬぐい写真付き記事[2017.03.24]

今秋導入 連節バス - 学研都市で運行へ/奈良交通写真付き記事[2017.03.24]

高田商 輝く1点 - 山崎が意地 適時二塁打/第89回選抜高校野球大会写真付き記事[2017.03.24]

予算案を取り下げ - 臨時市会に再提出/仲川奈良市長[2017.03.23]

聖徳太子たたえ - 法隆寺お会式写真付き記事[2017.03.23]

参加体験さらに充実 - 実施計画など承認/県大芸術祭写真付き記事[2017.03.23]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ