このページでは、Javascriptを使用しています

総合


現在位置:トップページ> 総合> 記事


厳か 未明の秘儀 - 水取り/お水取り2017

2017年3月14日 奈良新聞

咒師松明の明かりの中、浄水をまく咒師の上司さん=13日午前1時50分ごろ、奈良市雑司町の東大寺

 東大寺二月堂(奈良市雑司町)の修二会は13日未明、二月堂の下にある閼伽井屋(あかいや)の若狭井から、香水(こうずい)をくんで本尊・十一面観音に供える「水取り」が営まれた。

 全国の神々を勧請する神名帳の奉読に遅刻した若狭国(福井県)の遠敷(おにゅう)明神が、おわびに香水を湧き出させた故事に由来する儀式。

 午前1時50分ごろ、後夜の勤行を中断し、咒師(しゅし)の上司永照さんら水取衆の練行衆が南の出仕口から出堂。満月に照らされた上司さんが、二月堂南側階段の上で浄水をまいて清めた。暗闇の中で厳粛な雅楽の調べが流れ、「咒師松明(たいまつ)」(長さ約2メートル、重さ約40キロ)を先頭に行列が石段を下った。

 上司さんら3人が閼伽井屋に入り、秘儀の作法で桶(おけ)に香水をくみ上げた。運び役の「庄駈士(しょうくし)」2人が天秤形の担い台で、3往復して堂内に届けた。

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

県の管理負担を解消 - 第二阪奈、ネクスコ西移管へ[2018.01.22]

百人一首かるた 気軽に楽しんで - 春日大社で大会写真付き記事[2018.01.22]

東北産“海の幸”で復興支援 - 西大寺駅南側で「出張カキ小屋」写真付き記事[2018.01.22]

「お座敷文化」継承を - 全国から芸舞妓集結「ならまち花あかり」写真付き記事[2018.01.22]

二の丸御殿の内部 見えた - 柳沢文庫企画展「幕末の郡山城」写真付き記事[2018.01.22]

県チーム力走36位 - 都道府県対抗男子駅伝[2018.01.22]

適性維持へ改修 - 奈良市環境清美工場写真付き記事[2018.01.21]

食への感謝、文字に - 県の食育作文コンテスト12人表彰写真付き記事[2018.01.21]

柔軟な生き方が大事 - 「女性」テーマに講演など写真付き記事[2018.01.21]

学びの成果 多岐に - 佐保短大「地域こども学科発表会」写真付き記事[2018.01.21]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ