このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2017年3月14日 奈良新聞

 高齢ドライバーの重大事故防止に向けた改正道路交通法が施行された。75歳以上の運転免許保有者に対する認知機能検査を強化する内容だ。

 従来から、75歳以上の運転者は3年に1度の免許更新時に検査を受ける必要があった。改正法では「認知症のおそれ」の検査判定が直ちに医師診察の対象となり、交通違反をすると臨時の検査が実施される。

 高齢化進行で、75歳以上の運転免許保有者数は増加傾向。高齢ドライバーが関係する昨今の事故発生状況からすると、強化は仕方のないところだろう。

 もっとも、免許返納の場合と同様、高齢者の交通手段確保の課題は残る。県を含め公共交通網が大都市と比べ未整備な地域ではなおさらだ。

 絵空事や冗談でなく、国策でも進む完全自動運転技術の開発は、オールジャパンでさらに促進されるべきではと思う。そこへの注力は、安心安全な地域の確立、人口減の中での効率化にもつながる。

 技術面以外にも車両の価格、運用面など、実用化へのハードルは次々に浮かぶ。ただ、安全の獲得と運転ストレスからの解放は、十分魅力に満ちている。(智)

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

大神神社参道を整備 - 県と桜井市がまちづくり基本計画策定[2017.04.26]

“東向の顔”一新へ - 商店街アーケードの看板付け替え写真付き記事[2017.04.26]

「智恵授けて」稚児練り歩く - 興福寺・文殊会写真付き記事[2017.04.26]

王寺観光に情報誌 - 県立大と町が作成写真付き記事[2017.04.26]

「さららちゃん」が競技かるたPR - ゆるキャラ初の段位認定写真付き記事[2017.04.26]

甲冑の「美」楽しんで - 春日大社国宝殿で「鎧展」写真付き記事[2017.04.26]

新代表理事に川端氏 - 県中小企業家同友会が総会写真付き記事[2017.04.26]

県産トウキ葉で清涼菓子 - 来月1日に発売/奈良祥楽写真付き記事[2017.04.26]

「後継者不在」25% - 4割は廃業も視野/県内企業[2017.04.25]

目に鮮やか - シバザクラ宇陀で見頃写真付き記事[2017.04.25]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ