このページでは、Javascriptを使用しています

総合


現在位置:トップページ> 総合> 記事


炎ぐるり、春の舞 - 「不退の行法」最終盤/お水取り2017

2017年3月13日 奈良新聞

欄干から突き出され、火の粉を散らす籠松明=12日、奈良市雑司町の東大寺

 東大寺二月堂(奈良市雑司町)の修二会(お水取り)は12日、「籠松明(かごたいまつ)」が舞台に上がり、燃え盛る炎が火の粉を散らした。13日未明には、若狭井から「香水(こうずい)」をくむ「お水取り」の行事があり、奈良時代から続く「不退の行法」は最終盤を迎える。

 松明は夜の行に向かう練行衆の道明かり。1日から毎夜、二月堂の舞台に上がるが、この日だけは通常より複雑な構造で作られた籠松明(長さ約8メートル、重さ約70キロ)を使用。本数も1本多い11本が上がった。

 午後7時半ごろ、練行衆の世話役・童子(どうじ)に担がれた1本目の松明が二月堂へ。童子は練行衆を堂内に導いたあと、たいまつを舞台の欄干から突き出し舞台を駆け抜けた。連夜、松明を担ぐ童子にとっては、この日が一番の見せ場。激しく松明を回転させて火の粉が舞い落ちると、大勢の参拝者からは大きな歓声が巻き起こった。

 連日連夜、練行衆が厳しい行に取り組み、人々の幸せを祈る修二会は15日未明に満行を迎える。

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

夏の健康お願い - 大神神社で茅の輪くぐり写真付き記事[2017.06.23]

来年中に行政代執行 - 安全対策含め県/生駒の盛り土[2017.06.23]

唱歌・童謡を次代へ - 奉納コンサートなど写真付き記事[2017.06.23]

3/主食 1/主菜 2/副菜を弁当に - 奈良佐保短大で体験学習写真付き記事[2017.06.23]

連携で新たな取り組みを - 県中小企業診断士総会写真付き記事[2017.06.23]

「北和城南古墳」の銅鏡など出土地判明 - 奈良博が報告書 資料価値アップ[2017.06.23]

進む「ごみ処理広域化」 - 県、奈良モデルで促進[2017.06.22]

行方不明者281人 - 44%増、過去最多/28年[2017.06.22]

天川ブランド全国に発信 - “ほんまもん”大集合写真付き記事[2017.06.22]

心打つ音色響かせ - 堤剛さん、萩原麻未さんデュオリサイタル/ムジークフェストなら2017写真付き記事[2017.06.22]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ