このページでは、Javascriptを使用しています

総合


現在位置:トップページ> 総合> 記事


炎ぐるり、春の舞 - 「不退の行法」最終盤/お水取り2017

2017年3月13日 奈良新聞

欄干から突き出され、火の粉を散らす籠松明=12日、奈良市雑司町の東大寺

 東大寺二月堂(奈良市雑司町)の修二会(お水取り)は12日、「籠松明(かごたいまつ)」が舞台に上がり、燃え盛る炎が火の粉を散らした。13日未明には、若狭井から「香水(こうずい)」をくむ「お水取り」の行事があり、奈良時代から続く「不退の行法」は最終盤を迎える。

 松明は夜の行に向かう練行衆の道明かり。1日から毎夜、二月堂の舞台に上がるが、この日だけは通常より複雑な構造で作られた籠松明(長さ約8メートル、重さ約70キロ)を使用。本数も1本多い11本が上がった。

 午後7時半ごろ、練行衆の世話役・童子(どうじ)に担がれた1本目の松明が二月堂へ。童子は練行衆を堂内に導いたあと、たいまつを舞台の欄干から突き出し舞台を駆け抜けた。連夜、松明を担ぐ童子にとっては、この日が一番の見せ場。激しく松明を回転させて火の粉が舞い落ちると、大勢の参拝者からは大きな歓声が巻き起こった。

 連日連夜、練行衆が厳しい行に取り組み、人々の幸せを祈る修二会は15日未明に満行を迎える。

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

新斎苑に76億円 - 補正予算提出へ/奈良市[2017.08.21]

30年ぶりみこし復活 - 五條・波宝神社「岳祭り」写真付き記事[2017.08.21]

3分間の白熱勝負 - 全国金魚すくい選手権写真付き記事[2017.08.21]

頂点へ高まる期待 - 「高らかにファンファーレ」/第99回夏の甲子園写真付き記事[2017.08.21]

算数への関心高めて - 県内2会場で「えんのおづぬ杯」写真付き記事[2017.08.21]

下市の特産 スイーツに - ウメとトウキソフトクリイーム/町と奈女大生が開発写真付き記事[2017.08.21]

天理、4強入り - あす広陵(広島)と対戦/第99回夏の甲子園写真付き記事[2017.08.21]

つなぐ天理、圧巻 - 山口、歴史刻む2発/第99回全国高校野球選手権大会 準々決勝写真付き記事[2017.08.21]

産業、観光、救急充実へ - 「御所南IC―五條北IC」開通/京奈和自動車道 大和御所道路写真付き記事[2017.08.20]

住民、利用者本意で - 近鉄結崎駅改築案写真付き記事[2017.08.20]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ