このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2017年3月9日 奈良新聞

 4カ月後には投票が行われる奈良市長選だが、いまだに現職を含めて立候補を表明している人はいない。前回の大量7人の出馬とは様変わりだ。

 仲川元庸市長は「まだ熟慮中」の表現で、進退に含みをもたせているが、開会中の3月議会で「方向性を申し上げたい」という。情勢見ということか。

 昨年は新年度予算が否決の事態となったが、市民生活に支障が出ないようにと、議会の配慮で修正可決した経緯がある。それに懲りたか、例の新斎苑関係予算は提案しなかった。

 「都市計画決定に向け手続き中」とのことで、決定後に計上するという。となると6月議会に出すということか。まさに市長選、市議選の直前となる。

 紛糾することで、善玉悪玉のイメージを作ろうとしているのかと勘ぐってもみたくなる。かつての小泉元首相、お隣の橋下徹元大阪市長、そして小池百合子都知事の手法に似ている。

 敵をつくり、徹底的にたたく戦略だ。自民党をはじめ各党は、県都の首長選びに責任がある。市民に自信をもって擁立できる人物を一日も早く決めてほしい。(治)

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

大神神社参道を整備 - 県と桜井市がまちづくり基本計画策定[2017.04.26]

“東向の顔”一新へ - 商店街アーケードの看板付け替え写真付き記事[2017.04.26]

「智恵授けて」稚児練り歩く - 興福寺・文殊会写真付き記事[2017.04.26]

王寺観光に情報誌 - 県立大と町が作成写真付き記事[2017.04.26]

「さららちゃん」が競技かるたPR - ゆるキャラ初の段位認定写真付き記事[2017.04.26]

甲冑の「美」楽しんで - 春日大社国宝殿で「鎧展」写真付き記事[2017.04.26]

新代表理事に川端氏 - 県中小企業家同友会が総会写真付き記事[2017.04.26]

県産トウキ葉で清涼菓子 - 来月1日に発売/奈良祥楽写真付き記事[2017.04.26]

「後継者不在」25% - 4割は廃業も視野/県内企業[2017.04.25]

目に鮮やか - シバザクラ宇陀で見頃写真付き記事[2017.04.25]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ