このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2017年3月7日 奈良新聞

 ラグビーの世界最高峰リーグの一つ、スーパーラグビーが開幕した。日本のサンウルブズも昨季から参戦。天理市出身の立川理道選手が日本代表同様に共同主将でもあり、注目している。

 だが、立川選手ら主力の欠場もあってか、初戦はニュージーランドのチームに80点以上奪われ惨敗。2戦目の南アフリカのチームにも力負けした。

 敗戦は仕方ないが、試合後選手から強敵に対して準備不足のような談話があったのは残念だった。参戦目的が代表強化であるなら、一戦もむだにできないのでは。

 日本初のW杯開催まであと2年。選手のみならず周囲やファンも時間を有効活用しないと、一過性の盛り上がりだけで遺産として残らぬ懸念がある。

 県内では天理市が、W杯の公認キャンプ地候補に名乗りを上げ、立川選手らを招いたイベントを開いた。ラグビーのまちを掲げる御所市も関連行事を続ける。

 なお一歩を望むのは欲張り過ぎか。過去を見ても、W杯は多方面でのビジネス好機。競技の実績、歴史も備える奈良なら、ラグビーを軸に据えた地方創生も現実味があると思うが、どうか。(智)

 

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

修正予算案を可決 - 「超小型車」削除/橿原市会[2017.03.24]

高田商、初戦突破ならず - 第89回センバツ写真付き記事[2017.03.24]

今夏めどに骨子案 - 県が作業本格化/県がん対策第3期計画[2017.03.24]

開花宣言デビューへ - 気象台の「標本木」変更/庁舎移転で写真付き記事[2017.03.24]

花会式へ輝く仏様 - 薬師寺でお身ぬぐい写真付き記事[2017.03.24]

今秋導入 連節バス - 学研都市で運行へ/奈良交通写真付き記事[2017.03.24]

高田商 輝く1点 - 山崎が意地 適時二塁打/第89回選抜高校野球大会写真付き記事[2017.03.24]

予算案を取り下げ - 臨時市会に再提出/仲川奈良市長[2017.03.23]

聖徳太子たたえ - 法隆寺お会式写真付き記事[2017.03.23]

参加体験さらに充実 - 実施計画など承認/県大芸術祭写真付き記事[2017.03.23]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ