このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2017年3月6日 奈良新聞

 半世紀前の国内は高度経済成長を反映してか、野球の巨人軍や相撲の大鵬ら長く王座にある強者が人気を集め、それが流行語になる時代だった。

 また当時は政治でも佐藤首相の長期政権が出現。足掛け7年半を超え、もう抜けないと言われたが今、安倍首相がその記録更新への挑戦権を得た。

 自民党は総裁任期の限度を連続3期9年に延長。安倍氏が3選されて総理総裁を続ければ、やがて首相在任は3千日を突破、佐藤首相だけでなく戦前の桂首相も抜いて憲政史上の1位となる。

 第1次安倍内閣は短命だった。だが下野を経て党とともに復権してからは、アベノミクスと呼ばれる経済政策などを看板に高い支持率を維持する。

 3年後に東京五輪を控え、大阪では万博誘致も浮上するなど、半世紀前をほうふつさせる時勢の中、安倍1強と称される政治状況が続く。大きいことは良いこと―とした世相もよみがえるか。

 党大会で首相は改憲論議に前向き姿勢を表明。その指導力に期待するが、一方では権力の腐敗と野党の弱体化に対する懸念、加えて世相が安易な追従に向く危うさも募る。(松)

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

一般会計過去最大1310億円 - 奈良市の新年度当初予算案[2018.02.23]

子育て支援の一環に - バンビーホームで夏休みなど昼食提供/奈良市予算案写真付き記事[2018.02.23]

お金や生活の事前計画大切 - 障がいをもつ子と家族のためのセミナー写真付き記事[2018.02.23]

桜 しっかり育って - 吉野小 6年生が植樹写真付き記事[2018.02.23]

女性管理職は18.7% - 県内企業の女性活躍推進調査[2018.02.23]

伽藍整備用の窯か - 北側に「灰原」も確認/唐招提寺瓦窯跡写真付き記事[2018.02.23]

一般会計5067億円 - 荒井県政で最大/県新年度当初予算案[2018.02.22]

県、近く「3者協定」 - 平城宮跡と一体活用/県新年度当初予算案写真付き記事[2018.02.22]

手作り品やパン 大人気 - きょうまで「ならリビングフェスタ」写真付き記事[2018.02.22]

農業への理解深めて - 県内新小学5年生向け教材本贈呈/JAならけん写真付き記事[2018.02.22]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ