このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2017年3月5日 奈良新聞

 今年に入り、県内で交通死亡事故が多発。昨年は2月末までの死者が4人。それが今年は同時期で犠牲者は12人と3倍に達したという(4日付3面既報)。

 12人中7人が歩行中の高齢者で、全員が横断歩道ではない車道上で、はねられているという。横断歩道や歩道橋などがあっても、遠回りになるせいか、つい最短距離の所を渡ってしまうのだろうか。

 昼間でも、結構横断歩道ではない所を渡る高齢者は多く、ヒヤリとした経験は多い。夜間はライトをつけていても、ドライバーからは見えにくい。

 最近どうも、運転手も歩行者もイライラしている人が多いように感じる。関西でよく言う「いらち」が増えて、自己中心的になりがちで、思いやりや譲り合う精神に欠ける。

 イライラを引き起こす一因が渋滞。「何でこんな所で」というような場所で渋滞に出くわすことがある。信号待ちの時、車間を2台分くらい開けているケースも多く「もっと詰めてくれ」と叫びたくなる。これが余計な渋滞を引き起こしているのではないか。

 ともあれ、マナーやルールを守って悲劇をなくしていきたい。(恵)

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

大神神社参道を整備 - 県と桜井市がまちづくり基本計画策定[2017.04.26]

“東向の顔”一新へ - 商店街アーケードの看板付け替え写真付き記事[2017.04.26]

「智恵授けて」稚児練り歩く - 興福寺・文殊会写真付き記事[2017.04.26]

王寺観光に情報誌 - 県立大と町が作成写真付き記事[2017.04.26]

「さららちゃん」が競技かるたPR - ゆるキャラ初の段位認定写真付き記事[2017.04.26]

甲冑の「美」楽しんで - 春日大社国宝殿で「鎧展」写真付き記事[2017.04.26]

新代表理事に川端氏 - 県中小企業家同友会が総会写真付き記事[2017.04.26]

県産トウキ葉で清涼菓子 - 来月1日に発売/奈良祥楽写真付き記事[2017.04.26]

「後継者不在」25% - 4割は廃業も視野/県内企業[2017.04.25]

目に鮮やか - シバザクラ宇陀で見頃写真付き記事[2017.04.25]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ