このページでは、Javascriptを使用しています

考古学


現在位置:トップページ> 考古学> 記事


謎の寺院から大量瓦 - 薬師寺と同范型も/奈良の平松廃寺

2017年3月3日 奈良新聞

平松廃寺から見つかった軒丸瓦(右)と、薬師寺で使用された同范瓦=奈良市大安寺西2の市埋蔵文化財調査センター

平松廃寺で出土した田中廃寺の同范瓦=同

 奈良市平松3丁目周辺などにあった古代寺院跡・平松廃寺で、同市埋蔵文化財調査センターが初めて寺域内の発掘調査を行い、7世紀後半から8世紀初の大量の瓦が見つかった。これまでも採集されていた田中廃寺(橿原市田中町)と同じ「范(はん)型」で作った瓦のほか、薬師寺(奈良市西ノ京町)と同じ軒丸瓦も初めて出土。寺名さえ分からない謎の寺院の解明に向け、貴重な資料になりそうだ。出土瓦は、同市大安寺西2丁目の同センターで開催中の春季発掘調査速報展で展示している。

 平松廃寺は昭和10年、周辺で大量の古代瓦が見つかったことで発見。平城京条坊の「右京四条四坊十二坪」に位置するが、文献史料などには該当する寺院がなかった。平成7年には寺域周辺で藤原京にあった田中廃寺の同范瓦が出土。蘇我氏の一族、田中氏が建立したとされる同寺が、平城遷都時に移建されたとする説もある…

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

修正予算案を可決 - 「超小型車」削除/橿原市会[2017.03.24]

高田商、初戦突破ならず - 第89回センバツ写真付き記事[2017.03.24]

今夏めどに骨子案 - 県が作業本格化/県がん対策第3期計画[2017.03.24]

開花宣言デビューへ - 気象台の「標本木」変更/庁舎移転で写真付き記事[2017.03.24]

花会式へ輝く仏様 - 薬師寺でお身ぬぐい写真付き記事[2017.03.24]

今秋導入 連節バス - 学研都市で運行へ/奈良交通写真付き記事[2017.03.24]

高田商 輝く1点 - 山崎が意地 適時二塁打/第89回選抜高校野球大会写真付き記事[2017.03.24]

予算案を取り下げ - 臨時市会に再提出/仲川奈良市長[2017.03.23]

聖徳太子たたえ - 法隆寺お会式写真付き記事[2017.03.23]

参加体験さらに充実 - 実施計画など承認/県大芸術祭写真付き記事[2017.03.23]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ