このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2017年2月27日 奈良新聞

 毎月最終金曜日に早めの仕事切り上げを促し、消費拡大につなげる官民一体の取り組み「プレミアムフライデー」の初回が終わった。大都市圏を除けば、まだ模様眺めといったところか。

 県内では盛り上がりに欠けた。割引きや特別なイベントを行った事業者はごく一部。取り組みを示すロゴマークもほとんど見かけなかった。

 時短を行う事業者側には課題も残る。その時間にできただろう仕事をどこで補うか、非正規労働者の賃金減をどうするかなどは解決の必要がある。

 だが商品、サービスを提供する側は、もう少し積極的に動いてもいいのでは。すぐにもうけがなくても、きっかけづくりと考えればどうだろう。

 特別な価格や商品、サービスで、普段の顧客以外の人にも足を向けてもらう。商売のすそ野を広げる方法として検討の余地はあるはずだ。

 モノ、コト消費ともに、何かに背を押されないと一歩を踏み出せぬ場合がある。来店を促す仕掛けで顧客拡大につなげる手法は、地域活性化策として県内でも成功例を見てきた。毎月の取り組みをさめた目でやり過ごすのはもったいない。(智)

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

紅葉の美 段階変化 - 等彌神社で見ごろ写真付き記事[2017.11.17]

名曲で名所、歴史歌う - 県内観光地の魅力 20市町村PR[2017.11.17]

20歳迎えるはずだった - 楓ちゃん事件きょう13年写真付き記事[2017.11.17]

文人大名として活躍 学芸通じて地位向上 - 柳沢文庫で「柳沢保光」展[2017.11.17]

地域住民、生徒ら交流 - 平城“食と農”ふれあいフェスタ写真付き記事[2017.11.17]

県産木材の魅力PR - 吉野材使い木質空間/東京の書店でイベント写真付き記事[2017.11.17]

平城京六条大路 南北側溝を発見 - 東西横断裏付け/大安寺旧境内写真付き記事[2017.11.17]

雇用対策に課題 - 少ない県内企業、進まぬ待遇改善/県民アンケート[2017.11.16]

被害総額162億円に - 奈良高で施設破損/台風21号[2017.11.16]

在庫わずか やさしい味 限定300本 - 地産サトイモで三宅の焼酎完成写真付き記事[2017.11.16]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ