このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2017年2月25日 奈良新聞

 南都八景の一つ、猿沢池の七不思議といえば、「澄まず、濁らず、出ず、入らず、蛙(かわず)わかずに、藻が生えず、魚が七分に水三分」。水の赤変は凶事の前兆として恐れられた。

 奈良新聞社が1月に発行した「今昔 奈良名所」の孫引きだが、奈良には忘れられようとしている伝承や名所も多いことに気付かされる。

 著者の森下惠介氏は奈良市埋蔵文化財調査センター所長として発掘調査に携わる傍ら、奈良観光史の研究にも取り組んできた。

 池のほとりにはかつて「猿塚」があり、奈良に住んでいた空海が、木の実を届けてくれたサルの死を悼んで築いたとも、春日大明神に従った雄雌2匹のサルを埋めたとも伝えられた。

 最盛期に500人が泊まったといわれる旅籠(はたご)「小刀屋」は、客のわらじを一足も間違えずに出し、何日滞在しても夜具と家具が毎日変わると評判だった。

 猿沢池の周辺だけでも、再発見できる名所は数多い。お水取りが終われば古都は春の観光シーズン。江戸から明治の人々が楽しんだ奈良巡りを、春風に吹かれて追体験するのも楽しそうだ。(増)

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

一般会計過去最大1310億円 - 奈良市の新年度当初予算案[2018.02.23]

子育て支援の一環に - バンビーホームで夏休みなど昼食提供/奈良市予算案写真付き記事[2018.02.23]

お金や生活の事前計画大切 - 障がいをもつ子と家族のためのセミナー写真付き記事[2018.02.23]

桜 しっかり育って - 吉野小 6年生が植樹写真付き記事[2018.02.23]

女性管理職は18.7% - 県内企業の女性活躍推進調査[2018.02.23]

伽藍整備用の窯か - 北側に「灰原」も確認/唐招提寺瓦窯跡写真付き記事[2018.02.23]

一般会計5067億円 - 荒井県政で最大/県新年度当初予算案[2018.02.22]

県、近く「3者協定」 - 平城宮跡と一体活用/県新年度当初予算案写真付き記事[2018.02.22]

手作り品やパン 大人気 - きょうまで「ならリビングフェスタ」写真付き記事[2018.02.22]

農業への理解深めて - 県内新小学5年生向け教材本贈呈/JAならけん写真付き記事[2018.02.22]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ