このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2017年2月23日 奈良新聞

 国や本県の人口は減り続けている。平成27年国勢調査では県全人口で65歳以上が占める割合は28・7%。少子高齢化は進み、「日本は衰退していく」との悲観論が主流となっている。

 働き手である生産人口は減り、社会保障費などで若年層への負担がますます増える。各種調査でも「日本の将来は不安」という若者が多数を占めているのが現状だ。

 それら暗い見通しに対して、経済学の立場から光明を差してくれている本がある。新書大賞で2位となった「人口と日本経済」(吉川洋著、中公新書)だ。

 日本は1950年代の高度成長期前までは、先進国の中では最も平均寿命の短い国だった。一人あたりの所得の伸びと、イノベーション(技術革新)が日本を世界屈指の長寿国に押し上げたのだ。

 先進国の経済成長を決めるのは人口ではなくイノベーションであり、超高齢化社会の日本であるからこそ大きな可能性を秘めていると著者は説く。

 データを駆使した明晰(めいせき)な論理の展開には説得力がある。高齢者は片隅で遠慮することはない。長寿国を誇るべきは当たり前なのだ。(栄)

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

修正予算案を可決 - 「超小型車」削除/橿原市会[2017.03.24]

高田商、初戦突破ならず - 第89回センバツ写真付き記事[2017.03.24]

今夏めどに骨子案 - 県が作業本格化/県がん対策第3期計画[2017.03.24]

開花宣言デビューへ - 気象台の「標本木」変更/庁舎移転で写真付き記事[2017.03.24]

花会式へ輝く仏様 - 薬師寺でお身ぬぐい写真付き記事[2017.03.24]

今秋導入 連節バス - 学研都市で運行へ/奈良交通写真付き記事[2017.03.24]

高田商 輝く1点 - 山崎が意地 適時二塁打/第89回選抜高校野球大会写真付き記事[2017.03.24]

予算案を取り下げ - 臨時市会に再提出/仲川奈良市長[2017.03.23]

聖徳太子たたえ - 法隆寺お会式写真付き記事[2017.03.23]

参加体験さらに充実 - 実施計画など承認/県大芸術祭写真付き記事[2017.03.23]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ