このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2017年2月21日 奈良新聞

 都会の騒がしさから離れ、いい意味で「ない」ことが魅力の地域がある。だが、そこで暮らすとなると判断は簡単ではない。

 日常的なモノの不足は、ある程度工夫できる。けれども、医療や介護といった生命にかかわる部分での不安はないがしろにはできない。

 県は3月から独自のドクターヘリの運航を開始し、運用体制強化を図る。昨春、大淀町に開院した南奈良総合医療センターに続き、過疎、交通事情などと共に医療の格差が懸念されてきた県南部山間地域にはとりわけ心強いことだろう。

 ICT(情報通信技術)の発達で、業種によっては都会から遠く離れた場所に拠点を置くことも可能になってきた。心身とも穏やかに過ごせる環境に身を置き、質の高い仕事を実現する。それは国が提唱する地方創生の一つの形と言える。

 自然豊かな地に人材、事業を呼び込むためにも、生命にかかわる不安を取り除く県の動きに期待したい。ヘリ導入がさきがけになればとも願う。

 課題解決が容易でないのは分かる。ただ、この部分の改善なしに地域存続、発展の将来像を描くことは難しい。(智)

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

県が行政代執行 - 生駒の盛り土[2017.12.18]

お旅所へ行列千人 - 春日若宮おん祭「お渡り式」写真付き記事[2017.12.18]

奈高専、廃炉ロボ頂点 - 原子炉建屋想定し操作[2017.12.18]

廃校に笑い声 - NPOが寄席開催/宇陀カエデの郷写真付き記事[2017.12.18]

クラシック楽しんで - 24年ぶり定期演奏会/橿原で奈良フィル写真付き記事[2017.12.18]

最古は昭和9年3月設立 鹿愛護会 - 「戌年」の県内法人[2017.12.18]

バンビシャス連勝 - 前半着々、逃げ切る/B.LEAGUE写真付き記事[2017.12.18]

三条通まで朱雀大路に - 「天平薫るまち」構想/積水工場跡地活用[2017.12.17]

良い年願い大しめ縄 - 宝山寺 一の鳥居写真付き記事[2017.12.17]

「広域化や建て替えも」 - 奈良市クリーンセンター建設問題写真付き記事[2017.12.17]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ