このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2017年2月21日 奈良新聞

 都会の騒がしさから離れ、いい意味で「ない」ことが魅力の地域がある。だが、そこで暮らすとなると判断は簡単ではない。

 日常的なモノの不足は、ある程度工夫できる。けれども、医療や介護といった生命にかかわる部分での不安はないがしろにはできない。

 県は3月から独自のドクターヘリの運航を開始し、運用体制強化を図る。昨春、大淀町に開院した南奈良総合医療センターに続き、過疎、交通事情などと共に医療の格差が懸念されてきた県南部山間地域にはとりわけ心強いことだろう。

 ICT(情報通信技術)の発達で、業種によっては都会から遠く離れた場所に拠点を置くことも可能になってきた。心身とも穏やかに過ごせる環境に身を置き、質の高い仕事を実現する。それは国が提唱する地方創生の一つの形と言える。

 自然豊かな地に人材、事業を呼び込むためにも、生命にかかわる不安を取り除く県の動きに期待したい。ヘリ導入がさきがけになればとも願う。

 課題解決が容易でないのは分かる。ただ、この部分の改善なしに地域存続、発展の将来像を描くことは難しい。(智)

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

大神神社参道を整備 - 県と桜井市がまちづくり基本計画策定[2017.04.26]

“東向の顔”一新へ - 商店街アーケードの看板付け替え写真付き記事[2017.04.26]

「智恵授けて」稚児練り歩く - 興福寺・文殊会写真付き記事[2017.04.26]

王寺観光に情報誌 - 県立大と町が作成写真付き記事[2017.04.26]

「さららちゃん」が競技かるたPR - ゆるキャラ初の段位認定写真付き記事[2017.04.26]

甲冑の「美」楽しんで - 春日大社国宝殿で「鎧展」写真付き記事[2017.04.26]

新代表理事に川端氏 - 県中小企業家同友会が総会写真付き記事[2017.04.26]

県産トウキ葉で清涼菓子 - 来月1日に発売/奈良祥楽写真付き記事[2017.04.26]

「後継者不在」25% - 4割は廃業も視野/県内企業[2017.04.25]

目に鮮やか - シバザクラ宇陀で見頃写真付き記事[2017.04.25]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ