このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2017年2月19日 奈良新聞

 作曲家で文化勲章受章者の船村徹さんが16日に亡くなった。前日には好物のカレーうどんの大盛りを完食し、元気だったという。

 演歌・歌謡曲を中心に生涯で生み出した曲は5500曲以上。「王将」「東京だョおっ母さん」「兄弟船」「矢切の渡し」…昭和歌謡を代表するヒットメーカーの一人だった。

 自らギターの弾き語りをしながら全国を回った「演歌巡礼」公演。刑務所などを慰問する慈善活動にも取り組み、法務大臣表彰も受けた。北島三郎さんら多くの弟子を育て、著書にあるように「歌は心でうたうもの」と、歌の心を伝えてきた。

 私事ながら3年前に他界した父は、1955年に大ヒットした春日八郎さんの「別れの一本杉」が好きだった。作詞した高野公男さん(茨城県出身)は、船村さん(栃木県出身)の音楽学校時代の同級生だった。

 地方出身の二人してコロムビアレコード専属となった矢先、高野さんは26歳の若さで亡くなった。その無念の思いを胸に、曲づくりにまい進してきたのだろう。

 ダ・カーポが歌った「宗谷岬」は珍しくフォーク調で印象に残っている。(恵)

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

夏の健康お願い - 大神神社で茅の輪くぐり写真付き記事[2017.06.23]

来年中に行政代執行 - 安全対策含め県/生駒の盛り土[2017.06.23]

唱歌・童謡を次代へ - 奉納コンサートなど写真付き記事[2017.06.23]

3/主食 1/主菜 2/副菜を弁当に - 奈良佐保短大で体験学習写真付き記事[2017.06.23]

連携で新たな取り組みを - 県中小企業診断士総会写真付き記事[2017.06.23]

「北和城南古墳」の銅鏡など出土地判明 - 奈良博が報告書 資料価値アップ[2017.06.23]

進む「ごみ処理広域化」 - 県、奈良モデルで促進[2017.06.22]

行方不明者281人 - 44%増、過去最多/28年[2017.06.22]

天川ブランド全国に発信 - “ほんまもん”大集合写真付き記事[2017.06.22]

心打つ音色響かせ - 堤剛さん、萩原麻未さんデュオリサイタル/ムジークフェストなら2017写真付き記事[2017.06.22]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ