このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2017年2月18日 奈良新聞

「享保の改革」で名高い徳川吉宗は、庶民の救済策として、江戸に小石川養生所を開いたことでも知られる。薬草に関心が強く、「採薬使」なる役人を各地に派遣した。

 そんな役人の一人、植村左平次政勝は危険を冒して大台ケ原まで分け入り、薬用ニンジン千根の大目標を達成した。

 腰までの水量を押して川を渡ること27回。銭谷武平氏の『大峯今昔』によれば、断崖に丸太で作られた道など難所が続き、政勝は「二度通る事、嫌かな、嫌かな」と日記に書き残している。

 もっとも、成功は地元の協力があってのことで、役人の接待から山道の改修、薬草取りの手伝いまで、村の負担は大変なものだったという。

 命を賭しても分け入るほど、吉野は薬草の豊富な土地だった。役行者に始まる山岳修験も、薬草とつながりが深い。

 県はそんな奈良と薬の縁を「薬草木の花咲く都 奈良」として日本遺産に申請した。藤原京跡では薬について書かれた木簡が出土し、正倉院には光明皇后が大仏に献納した薬が伝わっている。古代からつづられた奈良と薬の物語が、認定を受けてさらに輝けばよい。(増)

 

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

大神神社参道を整備 - 県と桜井市がまちづくり基本計画策定[2017.04.26]

“東向の顔”一新へ - 商店街アーケードの看板付け替え写真付き記事[2017.04.26]

「智恵授けて」稚児練り歩く - 興福寺・文殊会写真付き記事[2017.04.26]

王寺観光に情報誌 - 県立大と町が作成写真付き記事[2017.04.26]

「さららちゃん」が競技かるたPR - ゆるキャラ初の段位認定写真付き記事[2017.04.26]

甲冑の「美」楽しんで - 春日大社国宝殿で「鎧展」写真付き記事[2017.04.26]

新代表理事に川端氏 - 県中小企業家同友会が総会写真付き記事[2017.04.26]

県産トウキ葉で清涼菓子 - 来月1日に発売/奈良祥楽写真付き記事[2017.04.26]

「後継者不在」25% - 4割は廃業も視野/県内企業[2017.04.25]

目に鮮やか - シバザクラ宇陀で見頃写真付き記事[2017.04.25]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ