このページでは、Javascriptを使用しています

社会


現在位置:トップページ> 社会> 記事


大和木綿の変遷紹介 - 大和絣の見本なども/葛城市歴史博物館で冬季企画展

2017年2月17日 奈良新聞

大和木綿の製品などが展示されている特別展示室=葛城市忍海の同市歴史博物館

 葛城市歴史博物館の冬季企画展「大和木綿」が、同市忍海の同館で開かれている。3月12日まで。

 同市周辺では古くから綿が栽培され、それを原料に生産される大和木綿は全国屈指の品質で知られた。現在は輸入品にとって変わられたが、繊維産業の発展につながった。また、綿は大和高田商工会議所の「さくらコットン」など地場産品として生産が続けられている。

 また、大和絣(がすり)は一部を染色した糸の織り方で幾何学模様を描き、白絣は白地に紺などの模様の入った着物。しかし、繊細な手作業で、機械化に不向きだったことから昭和40年代になると後継者難となり、衰退していった。

 同展では、江戸から昭和初期の浴衣や羽織、着物といった大和木綿、大和絣の見本、染色の染板や絣糸など計約50点が展示される(一部展示替えあり)。

 午前9時から午後5時開館。火曜と第2・4水曜休館。観覧料は大人200円、高校・大学生100円、小中学生50円。

 3月11日には、県立民俗博物館の横山浩子学芸係長による記念講演「大和がすり」がある。聴講無料。定員200人。事前申し込みが必要。

 申し込み、問い合わせは同館、電話0745(64)1414。

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

新駅改札を地下に - 近鉄郡山駅移転[2017.09.20]

法人税も寄付金も減 - 天理市の課題(中)写真付き記事[2017.09.20]

炎上の車、40メートル自走 - 積荷の酸素ボンベ爆発/生駒写真付き記事[2017.09.20]

県内地価、10年連続下落 - 下落幅、昨年より拡大写真付き記事[2017.09.20]

河瀬監督の新作「Vision」 - 吉野で撮影開始写真付き記事[2017.09.20]

異文化でおもてなし - 法隆寺国際高が留学生21人受け入れ写真付き記事[2017.09.20]

最優秀賞に梅津さん - 広陵「靴下デザインコンテスト」写真付き記事[2017.09.20]

法隆寺国際、18安打快勝 - 秋季近畿地区高校野球県予選写真付き記事[2017.09.20]

建設費高騰に懸念も - ごみ処理の広域化/天理市の課題(上)写真付き記事[2017.09.19]

目に鮮やか十二単 - きものの祭典/国文祭・障文祭なら2017写真付き記事[2017.09.19]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ