このページでは、Javascriptを使用しています

社会


現在位置:トップページ> 社会> 記事


大和木綿の変遷紹介 - 大和絣の見本なども/葛城市歴史博物館で冬季企画展

2017年2月17日 奈良新聞

大和木綿の製品などが展示されている特別展示室=葛城市忍海の同市歴史博物館

 葛城市歴史博物館の冬季企画展「大和木綿」が、同市忍海の同館で開かれている。3月12日まで。

 同市周辺では古くから綿が栽培され、それを原料に生産される大和木綿は全国屈指の品質で知られた。現在は輸入品にとって変わられたが、繊維産業の発展につながった。また、綿は大和高田商工会議所の「さくらコットン」など地場産品として生産が続けられている。

 また、大和絣(がすり)は一部を染色した糸の織り方で幾何学模様を描き、白絣は白地に紺などの模様の入った着物。しかし、繊細な手作業で、機械化に不向きだったことから昭和40年代になると後継者難となり、衰退していった。

 同展では、江戸から昭和初期の浴衣や羽織、着物といった大和木綿、大和絣の見本、染色の染板や絣糸など計約50点が展示される(一部展示替えあり)。

 午前9時から午後5時開館。火曜と第2・4水曜休館。観覧料は大人200円、高校・大学生100円、小中学生50円。

 3月11日には、県立民俗博物館の横山浩子学芸係長による記念講演「大和がすり」がある。聴講無料。定員200人。事前申し込みが必要。

 申し込み、問い合わせは同館、電話0745(64)1414。

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

紅葉の美 段階変化 - 等彌神社で見ごろ写真付き記事[2017.11.17]

名曲で名所、歴史歌う - 県内観光地の魅力 20市町村PR[2017.11.17]

20歳迎えるはずだった - 楓ちゃん事件きょう13年写真付き記事[2017.11.17]

文人大名として活躍 学芸通じて地位向上 - 柳沢文庫で「柳沢保光」展[2017.11.17]

地域住民、生徒ら交流 - 平城“食と農”ふれあいフェスタ写真付き記事[2017.11.17]

県産木材の魅力PR - 吉野材使い木質空間/東京の書店でイベント写真付き記事[2017.11.17]

平城京六条大路 南北側溝を発見 - 東西横断裏付け/大安寺旧境内写真付き記事[2017.11.17]

雇用対策に課題 - 少ない県内企業、進まぬ待遇改善/県民アンケート[2017.11.16]

被害総額162億円に - 奈良高で施設破損/台風21号[2017.11.16]

在庫わずか やさしい味 限定300本 - 地産サトイモで三宅の焼酎完成写真付き記事[2017.11.16]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ