このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2017年2月17日 奈良新聞

 バレンタインデーの14日に明かりのイベント「なら瑠璃絵」が閉幕。冬の古都は今、おそらく1年で最も静かな日々を送っている。

 3月になれば東大寺二月堂の「お水取り」が始まり、季節は春へと向かう。さまざまなことが入れ替わる4月からの新年度に向けた準備で忙しくなるのもそれからだ。

 ただ、2月はなかなか難しい時期。意外な出来事が起こったりするなど、落ち着いた静かな日々とはいかないことも多い。米国の新政権中枢人事は落ち着かず、北朝鮮では仰天のテロだ。

 足元を見詰めてみると、火災や事故などが続いているものの、国内は比較的静かな状況のようにみえる。水面下でうごめいているものがあるかもしれないにしてもだ。

 歴史を振り返れば、81年前の昭和11年2月に国内を揺るがせたクーデター「二・二六事件」があった。昭和20年の敗戦までの歴史を考える上で欠かせない出来事だ。

 太宰治は小説で「人モ家モ、暗イウチハマダ滅亡セヌ」と書いた。暗く考え過ぎる必要はないが、明るいのは怖い。寒さの中で静かに沈思するぐらいが、ちょうどいいのかも。(北)

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

地域包括ケア深化 - 県高齢者福祉計画[2018.01.17]

明かり温か雪の温泉街 - 天川の洞川写真付き記事[2018.01.17]

地域で高齢者支援 - 見守り協定を締結/香芝市と45事業所写真付き記事[2018.01.17]

健康や家族円満祈祷 - 「地獄めぐり」の紙芝居も/白毫寺「閻魔詣で」写真付き記事[2018.01.17]

「新聞で学ぶ」成果多彩に - 県「NIE展」開幕/28日まで図書情報館写真付き記事[2018.01.17]

飛躍の年に期待 - 県プラスチック成型協同組合写真付き記事[2018.01.17]

藤原氏ゆかり貴族宅? - 墨書土器に「宮寺」/平城京の邸宅跡で写真付き記事[2018.01.17]

契約変更案を市会否決 - 市、予定通り開業へ/橿原[2018.01.16]

勇壮 炎で厄ばらい - 陀々堂の鬼はしり写真付き記事[2018.01.16]

障害者就労の店、再出発 - 台風被害で移転、営業/御所の施設レストラン写真付き記事[2018.01.16]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ