このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2017年2月17日 奈良新聞

 バレンタインデーの14日に明かりのイベント「なら瑠璃絵」が閉幕。冬の古都は今、おそらく1年で最も静かな日々を送っている。

 3月になれば東大寺二月堂の「お水取り」が始まり、季節は春へと向かう。さまざまなことが入れ替わる4月からの新年度に向けた準備で忙しくなるのもそれからだ。

 ただ、2月はなかなか難しい時期。意外な出来事が起こったりするなど、落ち着いた静かな日々とはいかないことも多い。米国の新政権中枢人事は落ち着かず、北朝鮮では仰天のテロだ。

 足元を見詰めてみると、火災や事故などが続いているものの、国内は比較的静かな状況のようにみえる。水面下でうごめいているものがあるかもしれないにしてもだ。

 歴史を振り返れば、81年前の昭和11年2月に国内を揺るがせたクーデター「二・二六事件」があった。昭和20年の敗戦までの歴史を考える上で欠かせない出来事だ。

 太宰治は小説で「人モ家モ、暗イウチハマダ滅亡セヌ」と書いた。暗く考え過ぎる必要はないが、明るいのは怖い。寒さの中で静かに沈思するぐらいが、ちょうどいいのかも。(北)

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

新駅改札を地下に - 近鉄郡山駅移転[2017.09.20]

法人税も寄付金も減 - 天理市の課題(中)写真付き記事[2017.09.20]

炎上の車、40メートル自走 - 積荷の酸素ボンベ爆発/生駒写真付き記事[2017.09.20]

県内地価、10年連続下落 - 下落幅、昨年より拡大写真付き記事[2017.09.20]

河瀬監督の新作「Vision」 - 吉野で撮影開始写真付き記事[2017.09.20]

異文化でおもてなし - 法隆寺国際高が留学生21人受け入れ写真付き記事[2017.09.20]

最優秀賞に梅津さん - 広陵「靴下デザインコンテスト」写真付き記事[2017.09.20]

法隆寺国際、18安打快勝 - 秋季近畿地区高校野球県予選写真付き記事[2017.09.20]

建設費高騰に懸念も - ごみ処理の広域化/天理市の課題(上)写真付き記事[2017.09.19]

目に鮮やか十二単 - きものの祭典/国文祭・障文祭なら2017写真付き記事[2017.09.19]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ