このページでは、Javascriptを使用しています

考古学


現在位置:トップページ> 考古学> 記事


初期の須恵器大量に - 川跡に大規模柵も/新堂遺跡

2017年2月16日 奈良新聞

古墳時代中期の川跡と大規模なしがらみ遺構=1月17日、橿原市新堂町の新堂遺跡

新堂遺跡から大量に出土した初期須恵器などの土器=2月15日、橿原市川西町の「歴史に憩う橿原市博物館」

 5世紀前半(古墳時代中期)の椅子の木製品が見つかった橿原市新堂町の新堂遺跡では、同時期の大量の初期須恵器や馬の骨も出土した。これらは日本列島内に朝鮮半島の文化を取り入れ始めた時期の資料として注目され、橿原市教育委員会と県立橿原考古学研究所は「これだけまとまって出土するのは珍しく、当時最先端の文化の導入を考える上で重要な成果」としている。

 大型店舗建設に伴い、市教委と橿考研が共同で約7000平方メートルを調査した。幅約15~35メートル、深さ最大約2・5メートルの川跡を検出。川の勢いや流れを変えるためと考えられる大規模なしがらみ(柵)遺構も見つかった…

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

「複数案」を可決 - 一部に天下り懸念/県会予算委[2017.03.22]

9年連続で下落 - 奈良、生駒など住宅地上昇/県内地価写真付き記事[2017.03.22]

県人口17年連続減 - 転出超過も続く/昨年9月[2017.03.22]

生まれ変わり活気 - ベンチャーなど集う/旧私のしごと館写真付き記事[2017.03.22]

着物にハイヒール、はかまにネクタイ 和洋折衷 - 「和モダン」ショー/郡山八幡神社写真付き記事[2017.03.22]

落語で仏教身近に - 笑福亭仁智さんが口演/大和郡山の光慶寺写真付き記事[2017.03.22]

県が2事業者を支援 - 初期費用に100万円補助/クラウドファンディング活用事業写真付き記事[2017.03.22]

「地元合意」依然難航 - 市政不信、安全への不安/奈良市新斎苑写真付き記事[2017.03.21]

飛躍願い町長ジャンプ! - 開運橋ライトアップ/三郷町制50周年記念写真付き記事[2017.03.21]

女性の働き方考える - 起業や子育て議論/王寺町が企画写真付き記事[2017.03.21]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ