このページでは、Javascriptを使用しています

考古学


現在位置:トップページ> 考古学> 記事


初期の須恵器大量に - 川跡に大規模柵も/新堂遺跡

2017年2月16日 奈良新聞

古墳時代中期の川跡と大規模なしがらみ遺構=1月17日、橿原市新堂町の新堂遺跡

新堂遺跡から大量に出土した初期須恵器などの土器=2月15日、橿原市川西町の「歴史に憩う橿原市博物館」

 5世紀前半(古墳時代中期)の椅子の木製品が見つかった橿原市新堂町の新堂遺跡では、同時期の大量の初期須恵器や馬の骨も出土した。これらは日本列島内に朝鮮半島の文化を取り入れ始めた時期の資料として注目され、橿原市教育委員会と県立橿原考古学研究所は「これだけまとまって出土するのは珍しく、当時最先端の文化の導入を考える上で重要な成果」としている。

 大型店舗建設に伴い、市教委と橿考研が共同で約7000平方メートルを調査した。幅約15~35メートル、深さ最大約2・5メートルの川跡を検出。川の勢いや流れを変えるためと考えられる大規模なしがらみ(柵)遺構も見つかった…

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

「合併施行方式」で - 京奈和道整備[2017.07.26]

万葉人に思い重ね - 藤原宮跡、ハス見頃写真付き記事[2017.07.26]

「藤間家住宅」修復へ - 無人で老朽化、倒壊の危険性写真付き記事[2017.07.26]

未来の“匠”仕事体験 - 県内高校生、技術学ぶ写真付き記事[2017.07.26]

楽しく生活習慣を - 県教委「元気なならっ子約束運動」始まる写真付き記事[2017.07.26]

周辺状況更新が重要 - 車の自動走行を考察/学研都市の「エジソンの会」写真付き記事[2017.07.26]

大久保、決勝満塁弾 - 第99回全国高校野球選手権奈良大会 準々決勝写真付き記事[2017.07.26]

組織刷新求める声 - 後任人事は難航か/自民県連[2017.07.25]

ウナギで元気 - きょう土用の丑写真付き記事[2017.07.25]

「幻の大寺院」実像を感じて - 来年、発見から10年で/奈教大で常設展示写真付き記事[2017.07.25]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ