このページでは、Javascriptを使用しています

経済


現在位置:トップページ> 経済> 記事


素材生かした逸品に県産野菜 - 和洋中ずらり食べ放題/橿原ロイヤルホテル

2017年2月15日 奈良新聞

県産野菜をふんだんに使用した料理を楽しむ来店客=14日、橿原市久米町の橿原ロイヤルホテル

 橿原市久米町の橿原ロイヤルホテルは14日、県農業協同組合(JAならけん)とコラボした、期間限定企画「大和の彩り―春爛漫(らんまん)Buffet」を始めた。新鮮な県産野菜でつくった料理が食べ放題で楽しめる内容。素材から食にこだわるグルメの関心を集めそうだ。3月14日まで。

 両者が昨年11月に締結した、県農産物の普及を目指す連携協定の一環で企画された。JAならけんの農産物直売所「まほろばキッチン」の新鮮で、安全安心な県産野菜を使用。同ホテルの和食、洋食、中国料理の各料理長が腕をふるう料理が食べ放題形式で味わえる。野菜を使ったスイーツやドリンクもある。

 初日は、宇陀金ゴボウのスープや、郷土料理の「奈良のっぺ」など、県産野菜をふんだんに使用した約40品を用意。

 それぞれの料理の脇には、使用した野菜や生産農家を紹介するカードが添えられ、料理や食材により親しみが持てるように工夫されている。

 洋食担当の河井浩司料理長は「野菜はメニューの幅が広い。県産野菜は味が素晴らしく、工夫しておいしい料理ができた」とアピールした。

 来店した大和高田市の主婦、日裏悦子さん(76)は「和洋中のいろいろな料理を楽しめ、さすがプロの味。生の白菜のサラダは珍しく、おいしかった」と笑顔。奈良市の会社員、駒田奈美さん(27)は「県産野菜の種類の多さとおいしさに驚いた」と話した。

 食事は午前11時半から。最終入店午後1時半。料金は中学生以上3000円、小学生1500円、幼児(3歳以上)500円(いずれも税、サービス料込み)。また毎週土曜はレストラン入り口に「まほろばキッチン」が出店。料理で使用した野菜などの出張販売も行われる。

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

県の管理負担を解消 - 第二阪奈、ネクスコ西移管へ[2018.01.22]

百人一首かるた 気軽に楽しんで - 春日大社で大会写真付き記事[2018.01.22]

東北産“海の幸”で復興支援 - 西大寺駅南側で「出張カキ小屋」写真付き記事[2018.01.22]

「お座敷文化」継承を - 全国から芸舞妓集結「ならまち花あかり」写真付き記事[2018.01.22]

二の丸御殿の内部 見えた - 柳沢文庫企画展「幕末の郡山城」写真付き記事[2018.01.22]

県チーム力走36位 - 都道府県対抗男子駅伝[2018.01.22]

適性維持へ改修 - 奈良市環境清美工場写真付き記事[2018.01.21]

食への感謝、文字に - 県の食育作文コンテスト12人表彰写真付き記事[2018.01.21]

柔軟な生き方が大事 - 「女性」テーマに講演など写真付き記事[2018.01.21]

学びの成果 多岐に - 佐保短大「地域こども学科発表会」写真付き記事[2018.01.21]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ