このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2017年2月15日 奈良新聞

 冬の観光客誘致を目的とした「しあわせ回廊なら瑠璃絵(るりえ)」が終わった。今年で8回目となる古都・奈良の新しい行事だ。

 先月、平城宮跡で行われた「大立山まつり」といい、まったく新しい試みだけに、まだまだ十分とはいえないが、人を引き付ける魅力はある。どこまで定着するか見守っていきたい。

 きょうから東大寺二月堂の「お水取り」行事の試別火が始まる。こちらは1200年以上も歴史がある伝統行事で、戦火や風雪を乗り越えてきた。

 このほか春日若宮おん祭をはじめ、県内各地に1000年を超える行事が多々ある。若草山の山焼きや秋の采女祭などは、今の形になったのは昭和になってからだ。

 それでも、古都の伝統行事として定着した。この「なら瑠璃絵」や「大立山まつり」も、回を重ねることが大事だ。夏の燈花会や婆娑羅まつりも、毎年、楽しみの行事となった。

 物事は、何でも最初があるものだ。それが継続するかどうかだ。継続できないのは人々から支持されなかったからで、消えていく。平成の時代に始まった行事が、後世まで続くことを願う。(治)

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

大神神社参道を整備 - 県と桜井市がまちづくり基本計画策定[2017.04.26]

“東向の顔”一新へ - 商店街アーケードの看板付け替え写真付き記事[2017.04.26]

「智恵授けて」稚児練り歩く - 興福寺・文殊会写真付き記事[2017.04.26]

王寺観光に情報誌 - 県立大と町が作成写真付き記事[2017.04.26]

「さららちゃん」が競技かるたPR - ゆるキャラ初の段位認定写真付き記事[2017.04.26]

甲冑の「美」楽しんで - 春日大社国宝殿で「鎧展」写真付き記事[2017.04.26]

新代表理事に川端氏 - 県中小企業家同友会が総会写真付き記事[2017.04.26]

県産トウキ葉で清涼菓子 - 来月1日に発売/奈良祥楽写真付き記事[2017.04.26]

「後継者不在」25% - 4割は廃業も視野/県内企業[2017.04.25]

目に鮮やか - シバザクラ宇陀で見頃写真付き記事[2017.04.25]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ