このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2017年2月14日 奈良新聞

 さっぽろ雪まつりが閉幕。人気を集めた巨大雪像、興福寺の中金堂も早速取り壊され、作業を見守った観光客らの間からは惜しむ声が上がった。

 陸上自衛隊員らが製作に当たった雪像は、3千トンもの雪と1カ月に及ぶ手間が費やされており、大きいだけでなく細部も精巧に再現されていた。

 会場を訪れた来場者は、本物を見たいと思ったに違いない。平成30年の完成へ再建工事中の興福寺中金堂。その勧進の大役を、ひと足早く北国に出現して消えた雪像が果たしてくれたようだ。

 今年の雪まつりには近年最多の264万3千人が来場。もちろん中金堂だけの集客ではないが先年の阿修羅ブームにも負けない効果を期待したい。

 奈良時代に創建され、落雷や失火で7回も焼失しながら、そのたびに再建を果たしてきた興福寺の中金堂。雪像もイベント期間中だけの存在だったが、見る人に確かな感動を残したのだろう。

 近畿北部で大雪被害が懸念される一方、県内では早春の色と香りを携えて、梅の便りが届き始めた。山間部のつぼみはいまだ固いが奈良公園では既に咲く花もあるという。(松)

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

紅葉の美 段階変化 - 等彌神社で見ごろ写真付き記事[2017.11.17]

名曲で名所、歴史歌う - 県内観光地の魅力 20市町村PR[2017.11.17]

20歳迎えるはずだった - 楓ちゃん事件きょう13年写真付き記事[2017.11.17]

文人大名として活躍 学芸通じて地位向上 - 柳沢文庫で「柳沢保光」展[2017.11.17]

地域住民、生徒ら交流 - 平城“食と農”ふれあいフェスタ写真付き記事[2017.11.17]

県産木材の魅力PR - 吉野材使い木質空間/東京の書店でイベント写真付き記事[2017.11.17]

平城京六条大路 南北側溝を発見 - 東西横断裏付け/大安寺旧境内写真付き記事[2017.11.17]

雇用対策に課題 - 少ない県内企業、進まぬ待遇改善/県民アンケート[2017.11.16]

被害総額162億円に - 奈良高で施設破損/台風21号[2017.11.16]

在庫わずか やさしい味 限定300本 - 地産サトイモで三宅の焼酎完成写真付き記事[2017.11.16]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ