このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2017年2月14日 奈良新聞

 さっぽろ雪まつりが閉幕。人気を集めた巨大雪像、興福寺の中金堂も早速取り壊され、作業を見守った観光客らの間からは惜しむ声が上がった。

 陸上自衛隊員らが製作に当たった雪像は、3千トンもの雪と1カ月に及ぶ手間が費やされており、大きいだけでなく細部も精巧に再現されていた。

 会場を訪れた来場者は、本物を見たいと思ったに違いない。平成30年の完成へ再建工事中の興福寺中金堂。その勧進の大役を、ひと足早く北国に出現して消えた雪像が果たしてくれたようだ。

 今年の雪まつりには近年最多の264万3千人が来場。もちろん中金堂だけの集客ではないが先年の阿修羅ブームにも負けない効果を期待したい。

 奈良時代に創建され、落雷や失火で7回も焼失しながら、そのたびに再建を果たしてきた興福寺の中金堂。雪像もイベント期間中だけの存在だったが、見る人に確かな感動を残したのだろう。

 近畿北部で大雪被害が懸念される一方、県内では早春の色と香りを携えて、梅の便りが届き始めた。山間部のつぼみはいまだ固いが奈良公園では既に咲く花もあるという。(松)

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

大神神社参道を整備 - 県と桜井市がまちづくり基本計画策定[2017.04.26]

“東向の顔”一新へ - 商店街アーケードの看板付け替え写真付き記事[2017.04.26]

「智恵授けて」稚児練り歩く - 興福寺・文殊会写真付き記事[2017.04.26]

王寺観光に情報誌 - 県立大と町が作成写真付き記事[2017.04.26]

「さららちゃん」が競技かるたPR - ゆるキャラ初の段位認定写真付き記事[2017.04.26]

甲冑の「美」楽しんで - 春日大社国宝殿で「鎧展」写真付き記事[2017.04.26]

新代表理事に川端氏 - 県中小企業家同友会が総会写真付き記事[2017.04.26]

県産トウキ葉で清涼菓子 - 来月1日に発売/奈良祥楽写真付き記事[2017.04.26]

「後継者不在」25% - 4割は廃業も視野/県内企業[2017.04.25]

目に鮮やか - シバザクラ宇陀で見頃写真付き記事[2017.04.25]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ