このページでは、Javascriptを使用しています

総合


現在位置:トップページ> 総合> 記事


県、後継樹100年計画 - 苗木補植、検証/春日山原始林

2017年2月12日 奈良新聞

 世界遺産の春日山原始林(奈良市、約298ヘクタール)の保全・再生に関する取り組みで、県は、ナラ枯れや鹿・イノシシなどによる被害、外来種(ナンキンハゼなど)の侵入などで失われた照葉樹林の樹木を補う「後継樹育成」について、これまでの実験・試行を踏まえた具体策の新たな方向性を打ち出した。種子採取から3~7年後に苗木の補植を試行。30年後には検証を経て補植計画を進め、100年後に原始林の価値の修復を達成しようという長期構想だ。

 後継樹育成は、ナラ枯れなどで胸高直径80センチ以上の大径木が倒れた後にできるギャップ(小規模の空間)を埋める手法の確立が課題…

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

県都決戦、関心いかに - 奈良市長・市議選[2017.05.26]

県内の教育施設紹介 - 近畿ブロック知事会議で荒井知事写真付き記事[2017.05.26]

東吉野 にぎわい拠点 - 気軽に集う場に 来訪者と交流も写真付き記事[2017.05.26]

「人権のまち」目指し - 市町村啓発活動推進本部連絡協写真付き記事[2017.05.26]

交通安全 楽しく学ぶ - 山の辺幼稚園で安全教室/JAF奈良支部写真付き記事[2017.05.26]

一つ一つ丁寧に柿の葉ずし作り - 奈良文化高食文化コース3年生写真付き記事[2017.05.26]

職場にも好影響 - 知的障害者雇用を進める「理想実業」写真付き記事[2017.05.26]

「地方創生大賞」受賞 - 五條・石井物産の「柿バター」写真付き記事[2017.05.26]

自民県連に高まる批判 - 奈良市長選の対応暗礁[2017.05.25]

行政相談、微増2006件 - 昨年度の県内[2017.05.25]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ