このページでは、Javascriptを使用しています

総合


現在位置:トップページ> 総合> 記事


古代へ誘う翁の舞 - 吉野で国栖奏

2017年2月11日 奈良新聞

「エンエイ」の囃しに合わせて舞う翁=10日、吉野町南国栖の浄見原神社

 天武天皇をまつる吉野町南国栖の浄見原神社で10日、かつての宮中歌舞「国栖奏」(くずそう=県無形民俗文化財)が奉納された。毎年、旧暦の1月14日。地域住民に伝承されている。記紀によると、応神天皇が吉野の宮を訪れた時、国栖の人々が酒や歌舞でもてなした。壬申の乱の戦功以後、「翁(おきな)の舞」として宮中儀式で奏じられていた。

 狩衣に烏帽子(えぼし)姿の男性10人が笛や小鼓などを担当。記紀にある歌の唱和から始まり、「延栄(エンエイ)」と囃(はや)しながら翁2人が鈴とサカキを手に舞い納めた。最後の歌では「笑の古風」と呼ばれる所作で拝礼した。

 腹赤(はらか)の魚(ウグイ)やもみ(カエル)など5品の神饌(せん)をそろえるのも大変だという。地域住民でつくる保存会の松田利宏会長(73)は「後継者を育成し、先祖から伝わったものを絶やさずに守っていきたい」と話した。

 吟行で初めて来たという東京都港区の主婦原昌代さんは「天皇もご覧になった伝統ある舞いを見せていただき感動しました」と歴史を身近に感じていた。

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

県都決戦、関心いかに - 奈良市長・市議選[2017.05.26]

県内の教育施設紹介 - 近畿ブロック知事会議で荒井知事写真付き記事[2017.05.26]

東吉野 にぎわい拠点 - 気軽に集う場に 来訪者と交流も写真付き記事[2017.05.26]

「人権のまち」目指し - 市町村啓発活動推進本部連絡協写真付き記事[2017.05.26]

交通安全 楽しく学ぶ - 山の辺幼稚園で安全教室/JAF奈良支部写真付き記事[2017.05.26]

一つ一つ丁寧に柿の葉ずし作り - 奈良文化高食文化コース3年生写真付き記事[2017.05.26]

職場にも好影響 - 知的障害者雇用を進める「理想実業」写真付き記事[2017.05.26]

「地方創生大賞」受賞 - 五條・石井物産の「柿バター」写真付き記事[2017.05.26]

自民県連に高まる批判 - 奈良市長選の対応暗礁[2017.05.25]

行政相談、微増2006件 - 昨年度の県内[2017.05.25]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ