このページでは、Javascriptを使用しています

総合


現在位置:トップページ> 総合> 記事


古代へ誘う翁の舞 - 吉野で国栖奏

2017年2月11日 奈良新聞

「エンエイ」の囃しに合わせて舞う翁=10日、吉野町南国栖の浄見原神社

 天武天皇をまつる吉野町南国栖の浄見原神社で10日、かつての宮中歌舞「国栖奏」(くずそう=県無形民俗文化財)が奉納された。毎年、旧暦の1月14日。地域住民に伝承されている。記紀によると、応神天皇が吉野の宮を訪れた時、国栖の人々が酒や歌舞でもてなした。壬申の乱の戦功以後、「翁(おきな)の舞」として宮中儀式で奏じられていた。

 狩衣に烏帽子(えぼし)姿の男性10人が笛や小鼓などを担当。記紀にある歌の唱和から始まり、「延栄(エンエイ)」と囃(はや)しながら翁2人が鈴とサカキを手に舞い納めた。最後の歌では「笑の古風」と呼ばれる所作で拝礼した。

 腹赤(はらか)の魚(ウグイ)やもみ(カエル)など5品の神饌(せん)をそろえるのも大変だという。地域住民でつくる保存会の松田利宏会長(73)は「後継者を育成し、先祖から伝わったものを絶やさずに守っていきたい」と話した。

 吟行で初めて来たという東京都港区の主婦原昌代さんは「天皇もご覧になった伝統ある舞いを見せていただき感動しました」と歴史を身近に感じていた。

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

全国初 外国人専用避難所 - 言語、ハラル対応/猿沢イン[2017.11.22]

ひたひた 冬の足音 - きょう小雪写真付き記事[2017.11.22]

こけら葺き屋根、美しく - 葺き替え完了/正暦寺福寿院写真付き記事[2017.11.22]

三郷で現地調査開始 - 対策工事は年末以降/土砂崩落[2017.11.22]

超絶技巧でリアル追求 - ニッポンの写実展/23日から県立美術館写真付き記事[2017.11.22]

県代表に岡崎さん - ミス・ユニバース・ジャパン奈良大会写真付き記事[2017.11.22]

件数減も請負金額増 - 10月の県内公共工事動向[2017.11.22]

変わる古都の西玄関 - 南北自由通路 北側広場改修/近鉄大和西大寺駅写真付き記事[2017.11.21]

介護報酬を不正受給 - 刑事告訴も視野/奈良の事業所[2017.11.21]

畝傍高音楽部を認証 - 「Sクラブ」として支援写真付き記事[2017.11.21]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ