このページでは、Javascriptを使用しています

総合


現在位置:トップページ> 総合> 記事


古代へ誘う翁の舞 - 吉野で国栖奏

2017年2月11日 奈良新聞

「エンエイ」の囃しに合わせて舞う翁=10日、吉野町南国栖の浄見原神社

 天武天皇をまつる吉野町南国栖の浄見原神社で10日、かつての宮中歌舞「国栖奏」(くずそう=県無形民俗文化財)が奉納された。毎年、旧暦の1月14日。地域住民に伝承されている。記紀によると、応神天皇が吉野の宮を訪れた時、国栖の人々が酒や歌舞でもてなした。壬申の乱の戦功以後、「翁(おきな)の舞」として宮中儀式で奏じられていた。

 狩衣に烏帽子(えぼし)姿の男性10人が笛や小鼓などを担当。記紀にある歌の唱和から始まり、「延栄(エンエイ)」と囃(はや)しながら翁2人が鈴とサカキを手に舞い納めた。最後の歌では「笑の古風」と呼ばれる所作で拝礼した。

 腹赤(はらか)の魚(ウグイ)やもみ(カエル)など5品の神饌(せん)をそろえるのも大変だという。地域住民でつくる保存会の松田利宏会長(73)は「後継者を育成し、先祖から伝わったものを絶やさずに守っていきたい」と話した。

 吟行で初めて来たという東京都港区の主婦原昌代さんは「天皇もご覧になった伝統ある舞いを見せていただき感動しました」と歴史を身近に感じていた。

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

一般会計5067億円 - 荒井県政で最大/県新年度当初予算案[2018.02.22]

県、近く「3者協定」 - 平城宮跡と一体活用/県新年度当初予算案写真付き記事[2018.02.22]

手作り品やパン 大人気 - きょうまで「ならリビングフェスタ」写真付き記事[2018.02.22]

農業への理解深めて - 県内新小学5年生向け教材本贈呈/JAならけん写真付き記事[2018.02.22]

委託業者、契約も慎重に - 県産廃排出事業所管理者研修会写真付き記事[2018.02.22]

饗宴施設か、建物跡 - 蝦夷や隼人もてなし?/飛鳥寺西方遺跡写真付き記事[2018.02.22]

県文書の開示答申 - 行政文書に相当/月ケ瀬土砂掘削[2018.02.21]

“自分でやる”楽しさを - 御所「ときの森」がベスト・オブ・デイサービス賞写真付き記事[2018.02.21]

近隣府県との違い顕在化 - 自治体で異なる民泊規制[2018.02.21]

公立高 23校で3374人挑む - 特色選抜が始まる写真付き記事[2018.02.21]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ