このページでは、Javascriptを使用しています

総合


現在位置:トップページ> 総合> 記事


ほのかに春の香り - 大和郡山盆梅展始まる

2017年2月5日 奈良新聞

見事な枝ぶりの盆梅を観賞する来場者=4日、大和郡山市城内町の郡山城跡

 春の訪れを告げる「第14回大和郡山盆梅展」(同実行委員会主催、奈良新聞社など後援)が4日、大和郡山市城内町の郡山城跡で始まった。咲き始めた梅のほのかな香りを、地元住民らが楽しんだ。まだ、つぼみの鉢も多く、見ごろは今月下旬になりそう。3月9日まで。

 この日は、奈良市内で最高気温12・9度(午後2時ごろ)を記録。同日朝に開花する梅の花もあったという。普段は非公開の追手門や追手向櫓(やぐら)、多聞櫓の内部には市内の造園業者らが丹念に育てた盆梅約120点がずらり。会期中は展示替えもあり、常時見ごろのものを楽しむことができる。

 同市小泉町の主婦、宮瀬栄子さん(73)は「梅の香りが好きで毎年通っている。春を感じる」と話していた。

 開館は午前9時半から午後4時半まで。土、日、祝日は同5時まで。入場料は450円、小学生以下は無料。

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

田原本前副町長を逮捕 - 収賄容疑で県警/愛和会前理事長再逮捕[2017.02.24]

ツバキ色鮮やか - 花ごしらえ/お水取り2017写真付き記事[2017.02.24]

母子手帳に電子版 - 家族で共有、独自情報も/紙を補完、天理市がサービス開始写真付き記事[2017.02.24]

大和トウキ“豊作”3トン - 宇陀で昨年の3倍収穫写真付き記事[2017.02.24]

入選作など175点展示 - 来月5日まで 市展なら写真付き記事[2017.02.24]

みやげ1000点PR - 訪日客へ新商品/春の新作見本市写真付き記事[2017.02.24]

南端付近に建物跡 - 砂利敷き後で初/飛鳥寺西方遺跡写真付き記事[2017.02.24]

外国人専用福祉避難所に - 全国初の取り組み/奈良の猿沢イン[2017.02.23]

大仏殿前で開会式 - 実行委総会で承認/国文祭 障文祭写真付き記事[2017.02.23]

「日本の書展」開幕 - 第一線の書家ら会派超え写真付き記事[2017.02.23]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ