このページでは、Javascriptを使用しています

スポーツ


現在位置:トップページ> スポーツ> 記事


各自がベストな走りを - 若い選手がポイント/全国都道府県対抗男子駅伝

2017年1月21日 奈良新聞

自己ベストに近づく走りでチーム力を向上を目指す県チーム

 天皇盃第22回全国都道府県対抗男子駅伝競走大会は22日、広島市の平和記念公園を発着点に7区間48キロのコースで争われる。昨年39位だった県チーム。ことしは若い選手が多く厳しい大会となりそうだ。昨年の実績を維持し、来年につなげるレースが出来るか―。

 1区(7キロ)は昨年の全国高校駅伝大会などで1区10キロを3度経験している浦田(智弁学園奈良カレッジ高)が起用されそうだ。全国都道府県対抗男子駅伝の1区は7キロ。距離が短いだけに大野監督は「後半のスピードに期待したい」としている…

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

「合併施行方式」で - 京奈和道整備[2017.07.26]

万葉人に思い重ね - 藤原宮跡、ハス見頃写真付き記事[2017.07.26]

「藤間家住宅」修復へ - 無人で老朽化、倒壊の危険性写真付き記事[2017.07.26]

未来の“匠”仕事体験 - 県内高校生、技術学ぶ写真付き記事[2017.07.26]

楽しく生活習慣を - 県教委「元気なならっ子約束運動」始まる写真付き記事[2017.07.26]

周辺状況更新が重要 - 車の自動走行を考察/学研都市の「エジソンの会」写真付き記事[2017.07.26]

大久保、決勝満塁弾 - 第99回全国高校野球選手権奈良大会 準々決勝写真付き記事[2017.07.26]

組織刷新求める声 - 後任人事は難航か/自民県連[2017.07.25]

ウナギで元気 - きょう土用の丑写真付き記事[2017.07.25]

「幻の大寺院」実像を感じて - 来年、発見から10年で/奈教大で常設展示写真付き記事[2017.07.25]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ