このページでは、Javascriptを使用しています

スポーツ


現在位置:トップページ> スポーツ> 記事


各自がベストな走りを - 若い選手がポイント/全国都道府県対抗男子駅伝

2017年1月21日 奈良新聞

自己ベストに近づく走りでチーム力を向上を目指す県チーム

 天皇盃第22回全国都道府県対抗男子駅伝競走大会は22日、広島市の平和記念公園を発着点に7区間48キロのコースで争われる。昨年39位だった県チーム。ことしは若い選手が多く厳しい大会となりそうだ。昨年の実績を維持し、来年につなげるレースが出来るか―。

 1区(7キロ)は昨年の全国高校駅伝大会などで1区10キロを3度経験している浦田(智弁学園奈良カレッジ高)が起用されそうだ。全国都道府県対抗男子駅伝の1区は7キロ。距離が短いだけに大野監督は「後半のスピードに期待したい」としている…

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

夏の健康お願い - 大神神社で茅の輪くぐり写真付き記事[2017.06.23]

来年中に行政代執行 - 安全対策含め県/生駒の盛り土[2017.06.23]

唱歌・童謡を次代へ - 奉納コンサートなど写真付き記事[2017.06.23]

3/主食 1/主菜 2/副菜を弁当に - 奈良佐保短大で体験学習写真付き記事[2017.06.23]

連携で新たな取り組みを - 県中小企業診断士総会写真付き記事[2017.06.23]

「北和城南古墳」の銅鏡など出土地判明 - 奈良博が報告書 資料価値アップ[2017.06.23]

進む「ごみ処理広域化」 - 県、奈良モデルで促進[2017.06.22]

行方不明者281人 - 44%増、過去最多/28年[2017.06.22]

天川ブランド全国に発信 - “ほんまもん”大集合写真付き記事[2017.06.22]

心打つ音色響かせ - 堤剛さん、萩原麻未さんデュオリサイタル/ムジークフェストなら2017写真付き記事[2017.06.22]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ