このページでは、Javascriptを使用しています

社会


現在位置:トップページ> 社会> 記事


笑顔でほっぺ赤々と - 食べ放題で楽しめる/あすかいちご狩りパーク開園

2017年1月12日 奈良新聞

大きなイチゴを見つけて喜ぶ園児=11日、明日香村檜前の尾上農園

 奈良が生んだイチゴの品種「あすかルビー」を食べ放題で楽しめる「あすかいちご狩りパーク」(石田裕彦会長)の開園式が11日、明日香村檜前の尾上農園で開かれた。

 14年目を迎えた同パークは、村内の14農園で開園。全農園がイチゴに土が付かない高設棚を採用し、立ったまま収穫できるのが好評だ。昨年は約4万3400人が訪れた。

 開園セレモニーでは、地元の村立明日香幼稚園の年長児約20人がイチゴ狩りを体験。赤く実った大きなイチゴを口に運んでは、「おいしい」と歓声を上げた。

 石田会長は「昨年10月の暑さの影響で、株ごとで生育にばらつきがあるが、甘さは例年と変わらずおいしいイチゴができている」と話している。

 期間は5月28日まで。土・日曜と祝日に営業。2月8日以降は水曜も開園する。開園時間は午前10時から午後4時。30分間食べ放題で、料金は中学生以上1500円、小学生1200円、幼児800円。完全予約制。

 予約、問い合わせは、同パーク予約受付係、電話0744(54)1115。

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

夏の健康お願い - 大神神社で茅の輪くぐり写真付き記事[2017.06.23]

来年中に行政代執行 - 安全対策含め県/生駒の盛り土[2017.06.23]

唱歌・童謡を次代へ - 奉納コンサートなど写真付き記事[2017.06.23]

3/主食 1/主菜 2/副菜を弁当に - 奈良佐保短大で体験学習写真付き記事[2017.06.23]

連携で新たな取り組みを - 県中小企業診断士総会写真付き記事[2017.06.23]

「北和城南古墳」の銅鏡など出土地判明 - 奈良博が報告書 資料価値アップ[2017.06.23]

進む「ごみ処理広域化」 - 県、奈良モデルで促進[2017.06.22]

行方不明者281人 - 44%増、過去最多/28年[2017.06.22]

天川ブランド全国に発信 - “ほんまもん”大集合写真付き記事[2017.06.22]

心打つ音色響かせ - 堤剛さん、萩原麻未さんデュオリサイタル/ムジークフェストなら2017写真付き記事[2017.06.22]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ