このページでは、Javascriptを使用しています

社会


現在位置:トップページ> 社会> 記事


笑顔でほっぺ赤々と - 食べ放題で楽しめる/あすかいちご狩りパーク開園

2017年1月12日 奈良新聞

大きなイチゴを見つけて喜ぶ園児=11日、明日香村檜前の尾上農園

 奈良が生んだイチゴの品種「あすかルビー」を食べ放題で楽しめる「あすかいちご狩りパーク」(石田裕彦会長)の開園式が11日、明日香村檜前の尾上農園で開かれた。

 14年目を迎えた同パークは、村内の14農園で開園。全農園がイチゴに土が付かない高設棚を採用し、立ったまま収穫できるのが好評だ。昨年は約4万3400人が訪れた。

 開園セレモニーでは、地元の村立明日香幼稚園の年長児約20人がイチゴ狩りを体験。赤く実った大きなイチゴを口に運んでは、「おいしい」と歓声を上げた。

 石田会長は「昨年10月の暑さの影響で、株ごとで生育にばらつきがあるが、甘さは例年と変わらずおいしいイチゴができている」と話している。

 期間は5月28日まで。土・日曜と祝日に営業。2月8日以降は水曜も開園する。開園時間は午前10時から午後4時。30分間食べ放題で、料金は中学生以上1500円、小学生1200円、幼児800円。完全予約制。

 予約、問い合わせは、同パーク予約受付係、電話0744(54)1115。

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

「複数案」を可決 - 一部に天下り懸念/県会予算委[2017.03.22]

9年連続で下落 - 奈良、生駒など住宅地上昇/県内地価写真付き記事[2017.03.22]

県人口17年連続減 - 転出超過も続く/昨年9月[2017.03.22]

生まれ変わり活気 - ベンチャーなど集う/旧私のしごと館写真付き記事[2017.03.22]

着物にハイヒール、はかまにネクタイ 和洋折衷 - 「和モダン」ショー/郡山八幡神社写真付き記事[2017.03.22]

落語で仏教身近に - 笑福亭仁智さんが口演/大和郡山の光慶寺写真付き記事[2017.03.22]

県が2事業者を支援 - 初期費用に100万円補助/クラウドファンディング活用事業写真付き記事[2017.03.22]

「地元合意」依然難航 - 市政不信、安全への不安/奈良市新斎苑写真付き記事[2017.03.21]

飛躍願い町長ジャンプ! - 開運橋ライトアップ/三郷町制50周年記念写真付き記事[2017.03.21]

女性の働き方考える - 起業や子育て議論/王寺町が企画写真付き記事[2017.03.21]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ