このページでは、Javascriptを使用しています

総合


現在位置:トップページ> 総合> 記事


奈良町の輝き次代に - 区域拡大、住民主体/奈良市 新にぎわい構想策定へ

2017年1月12日 奈良新聞

観光客でにぎわう「奈良町かいわい」=(市提供)

 古い家並みが残り、人気の観光スポットになっている奈良市の旧市街地「奈良町」に少子高齢化の波が押し寄せている。定住人口の減少対策や地域コミュニティーの維持、伝統行事の継承などさまざまな課題を抱えつつ、住民や市民が思い描く奈良町の姿を、どう次代に引き継いでいくのか―。行政と地元がタッグを組んで検討を進めてきた「新奈良町にぎわい構想(案)」がまとまり、2月3日まで意見募集(パブリックコメント)を実施。市は同25日にシンポジウムを開いて構想を発表する予定で、来年度にはアクションプランを策定する。

 奈良町の起源は古く平城京にあり、世界遺産「古都奈良の文化財」の元興寺、興福寺、東大寺周辺の門前町、商工のまちとして発展。奈良晒(さらし)など伝統産業が栄えてきた。歴史的価値の高い建物も多く、昨年12月末現在、文化財の数は国指定509件▽県指定54件▽市指定50件▽国登録60件―。奈良町居住保持者による国選定保持技術も2件となっている…

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

一般会計5067億円 - 荒井県政で最大/県新年度当初予算案[2018.02.22]

県、近く「3者協定」 - 平城宮跡と一体活用/県新年度当初予算案写真付き記事[2018.02.22]

手作り品やパン 大人気 - きょうまで「ならリビングフェスタ」写真付き記事[2018.02.22]

農業への理解深めて - 県内新小学5年生向け教材本贈呈/JAならけん写真付き記事[2018.02.22]

委託業者、契約も慎重に - 県産廃排出事業所管理者研修会写真付き記事[2018.02.22]

饗宴施設か、建物跡 - 蝦夷や隼人もてなし?/飛鳥寺西方遺跡写真付き記事[2018.02.22]

県文書の開示答申 - 行政文書に相当/月ケ瀬土砂掘削[2018.02.21]

“自分でやる”楽しさを - 御所「ときの森」がベスト・オブ・デイサービス賞写真付き記事[2018.02.21]

近隣府県との違い顕在化 - 自治体で異なる民泊規制[2018.02.21]

公立高 23校で3374人挑む - 特色選抜が始まる写真付き記事[2018.02.21]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ