このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2017年1月11日 奈良新聞

 「昭和」から「平成」に変わった時を思い出す。2年後の平成31年1月1日に、皇太子さまが天皇に即位して、新しい元号とする検討に入ったという。

 昨年8月に天皇陛下が退位の意向を表明されたことから、誰もが新元号のことを意識してきた。日にちが明確にされると、その重さも増す。

 その後、首相になった小渕恵三官房長官が「平成」と書かれた色紙を高く掲げた日のことを今でも覚えている。昭和しか知らない人間にとって、違和感のある何ともいえないものだった。

 その平成時代も30年近くなった。たまに「昭和何年」などと間違えたりするが、最近では「平成」にすっかり親しみ慣れてきたところだ。その平成が変わるのも残念だ。

 まだ正式に決まったことではないが、国民生活に大きな影響を与えるだけに、慎重に事を進めてほしいと思う。奈良は初代とされる神武天皇をはじめ、天皇とは深いつながりがある。

 本紙も欄外は元号とし、西暦はカッコで表記している。それが奈良なのだと思う。今上陛下には、また奈良を訪れてほしいし、お元気でいていただきたい。(治)

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

新駅改札を地下に - 近鉄郡山駅移転[2017.09.20]

法人税も寄付金も減 - 天理市の課題(中)写真付き記事[2017.09.20]

炎上の車、40メートル自走 - 積荷の酸素ボンベ爆発/生駒写真付き記事[2017.09.20]

県内地価、10年連続下落 - 下落幅、昨年より拡大写真付き記事[2017.09.20]

河瀬監督の新作「Vision」 - 吉野で撮影開始写真付き記事[2017.09.20]

異文化でおもてなし - 法隆寺国際高が留学生21人受け入れ写真付き記事[2017.09.20]

最優秀賞に梅津さん - 広陵「靴下デザインコンテスト」写真付き記事[2017.09.20]

法隆寺国際、18安打快勝 - 秋季近畿地区高校野球県予選写真付き記事[2017.09.20]

建設費高騰に懸念も - ごみ処理の広域化/天理市の課題(上)写真付き記事[2017.09.19]

目に鮮やか十二単 - きものの祭典/国文祭・障文祭なら2017写真付き記事[2017.09.19]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ