このページでは、Javascriptを使用しています

社会


現在位置:トップページ> 社会> 記事


鶏と人の関わり探る - 陳列「十二支の考古学」も/橿考研で「酉」講演会

2017年1月8日 奈良新聞

特別陳列の資料も紹介しながら酉(鶏)について解説した講演会=7日、橿原市畝傍町の県立橿原考古学研究所講堂

 橿原市畝傍町の県立橿原考古学研究所講堂で7日、今年のえと「酉(とり)」の講演会が開かれ、約180人が参加した。同研究所付属博物館で開催中の特別陳列「十二支の考古学―酉―」にちなむ催し。

 栃木県在住の鳥類考古学者、賀来孝代さんが、弥生時代に日本に持ち込まれた鶏と人との歴史的なかかわりを特別陳列の資料も紹介しながら解説。鶏は夜の終わりを告げる鳴き声「鶏鳴(けいめい)」と縄張りを守るために勇敢に戦う性質から、魔物を払うような役割を与えられ、埴輪(はにわ)やさまざまな装飾に用いられたと説明した…

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

大神神社参道を整備 - 県と桜井市がまちづくり基本計画策定[2017.04.26]

“東向の顔”一新へ - 商店街アーケードの看板付け替え写真付き記事[2017.04.26]

「智恵授けて」稚児練り歩く - 興福寺・文殊会写真付き記事[2017.04.26]

王寺観光に情報誌 - 県立大と町が作成写真付き記事[2017.04.26]

「さららちゃん」が競技かるたPR - ゆるキャラ初の段位認定写真付き記事[2017.04.26]

甲冑の「美」楽しんで - 春日大社国宝殿で「鎧展」写真付き記事[2017.04.26]

新代表理事に川端氏 - 県中小企業家同友会が総会写真付き記事[2017.04.26]

県産トウキ葉で清涼菓子 - 来月1日に発売/奈良祥楽写真付き記事[2017.04.26]

「後継者不在」25% - 4割は廃業も視野/県内企業[2017.04.25]

目に鮮やか - シバザクラ宇陀で見頃写真付き記事[2017.04.25]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ