このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2017年1月8日 奈良新聞

 銅造仏頭―と呼ばれる国宝が奈良市の興福寺にある。火災に遭い、頭部だけとなった薬師如来像だが、白鳳仏の慈眼は今も多くの人を魅了する。

 その仏頭が同寺東金堂に一時戻された。これまでも国宝館で拝観できたが、本来あるべき堂内に安置された姿を見ることができるのは貴重な機会。

 平成21年秋には、同じ興福寺で当時の仮金堂を会場に特別公開「お堂でみる阿修羅」が開かれ人気を博した。文字通り至宝で満ちた国宝館を離れ、改めて祈りの空間の中で像と向き合いたい。

 仏頭は天武期に山田寺の本尊として造られ、鎌倉時代に興福寺に移転。その後に焼損して台座の中に秘蔵、昭和に再発見された数奇な歴史を負う。

 また像は頭部だけで約560キロあるといい、800年以上も前に完形の丈六像を桜井市の山田寺から興福寺まで直線距離にして約22キロ、どうやって運んだかなど、さまざまな興味が尽きない。

 余計なことは考えず、台上の尊顔をただ静かに見詰めるか、それとも像がたどった1300年余に思いをはせるか。体を失ったからこそ仏頭は不思議な魅力にあふれている。(松)

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

一人暮らし増、25.7% - 少子高齢化が加速/27年国勢調査詳細版[2017.01.16]

うっすら雪化粧 - 近鉄線スリップ、立ち往生/大寒波写真付き記事[2017.01.16]

生物の多様性守ろう - 連携協定、講演も/橿原市と沖縄・石垣市がシンポ写真付き記事[2017.01.16]

炎に祈る良き1年 - 幸福招く勇壮「鬼走り」/念仏寺陀々堂写真付き記事[2017.01.16]

映画音楽など多彩に - 幻想的な照明の演出/奈良フィル・ニューイヤーコンサート写真付き記事[2017.01.16]

顔もすっぽり - 巨大茶わん支え合い/西大寺で新春初釜大茶盛式写真付き記事[2017.01.16]

給与体系 「見直した」4割超 - 人材確保、流出防止で/県内企業の最低賃金改定調査[2017.01.16]

県チーム43位 - アンカー西川粘走/全国都道府県対抗女子駅伝写真付き記事[2017.01.16]

自民県議全員を招待 - 県組織の関係改善へ/公明県本部あす年賀会[2017.01.15]

寒波に負けず 県内7106人挑戦 - 「センター試験」スタート/現役志願率が過去最高写真付き記事[2017.01.15]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ