このページでは、Javascriptを使用しています

社会


現在位置:トップページ> 社会> 記事


力いっぱい筆走らせ - 課題の清書懸命に/橿原神宮席上揮毫書き初め大会

2017年1月7日 奈良新聞

課題の文字を書いたり、観覧席に向けて作品の出来を見せる児童=5日、橿原市畝傍町の県立橿原公苑第1体育館

 第66回橿原神宮席上揮毫(きごう)書き初め大会(橿原神宮、県書道教育研究会主催)が5日、橿原市畝傍町の県立橿原公苑第1体育館であり、小学生から一般まで約1600人が力いっぱいに筆を走らせた。

 昭和27年から続く県内最大の参加型書き初め大会。「とりい」「かしはら」「参道祥雲」など学年ごとに課題が設けられ、参加者は2枚の用紙に清書した。作品が完成すると、観覧席の保護者に向けて出来を見せる子供の姿もあった…

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

「出口」見えない議論 - 橿原市会対立の構図<上>[2017.09.24]

源流の地で探る未来 - 日本文化考えるフォーラム/国文祭・障文祭なら2017写真付き記事[2017.09.24]

保育士が足りない - 園に「空き」あれど…/奈良市の公立保育所[2017.09.24]

しめ縄架け替え - 総社・宇佐の小学生ら参加/東大寺転害門写真付き記事[2017.09.24]

自慢ののどで熱唱 - 全国生涯学習カラオケ大会写真付き記事[2017.09.24]

お土産にいかが? - 「大仏の手くっきぃ」/磯城野高生「道の駅」で販売写真付き記事[2017.09.24]

御所実が優勝 - 7人制ラグビー/県高校総体写真付き記事[2017.09.24]

短期決戦へ始動 - 演説や支部大会/衆院選 県内各党[2017.09.23]

古代へ続く赤い帯 - 明日香のヒガンバナ写真付き記事[2017.09.23]

地滑りとの闘い続く - 亀の瀬/王寺と大阪・柏原市境界写真付き記事[2017.09.23]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ