このページでは、Javascriptを使用しています

社会


現在位置:トップページ> 社会> 記事


届け、エネルギー - 7、8日に奈良公演/和太鼓グループ「倭」

2017年1月6日 奈良新聞

力強いパフォーマンスを繰り広げる「倭」(倭提供)

 明日香村を拠点に世界で活躍する和太鼓演奏グループ「倭(やまと)」の新春恒例奈良公演が、7、8日の両日、奈良市登大路町の県文化会館で開かれる。

 倭は平成5年に結成。明日香村細川の練習場を拠点に、海外で毎年約100回の公演を実施。28年は北米や東欧、中国、イスラエルなどで公演した。現在のメンバーは20人。若手が成長し、2班体制でツアーを行っている。

 倭の特徴は、伝統に縛られない新しい楽曲と、美しく力強いパフォーマンス。小川正晃代表(49)は「日本でも和太鼓に触れたことのない人が多い。倭を通して和太鼓を知ってもらいたい」と語る。

 倭は、平成27年から始まった「古都飛鳥文化祭」(明日香村)のプロデュースも担当。28年には同村の国際親善大使に委嘱された。25~29日の「奈良大立山まつり」(奈良市)にも出演予定。小川代表は「地域で力を発揮する機会をいただけるようになってきた。今年も奈良のためにお役に立てる1年になれば」と話す。

 奈良公演は、倭の1年間の成果を地域に披露する場。小川代表は「皆さんに1年を駆け抜けるエネルギーを届け、皆さんからは世界を回るエネルギーをいただく。そんなやり取りができる生きた祭りのような場にしたい」と意気込む。

 両日とも午後2時開演。前売り(全席指定)は一般4500円、4歳から中学生3500円。当日は500円増額。

 問い合わせは魂源堂、電話0744(54)5531。

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

高齢化対応など柱 - 県国土利用計画[2018.02.20]

春色ちらほら - 大和郡山のツバキ園写真付き記事[2018.02.20]

再公募、提案書1件 - 奈良市新斎苑[2018.02.20]

中央アジアで製作か - 中国・遼王妃墓のガラス器/25日、橿考研で成果報告写真付き記事[2018.02.20]

多様な文化知って - ウガンダでの活動語る/生駒市立緑ケ丘中で鰐淵さん講演写真付き記事[2018.02.20]

多彩なタンゴ演奏 - 歌や詩の朗読の演出も写真付き記事[2018.02.20]

各企業が特長アピール - NARAジョブフェアに学生ら350人写真付き記事[2018.02.20]

政治学校 休眠続く - 再開準備も未着手/自民県連[2018.02.19]

特大いちご春の味 - 橿原の農園収穫ピーク写真付き記事[2018.02.19]

日干番茶で町おこし - 町商工会有志が製品化写真付き記事[2018.02.19]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ