このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2017年1月4日 奈良新聞

 県代表の御所実が出場している全国高校ラグビー大会が開かれている。近年、ラグビー観戦していて目につくのが、選手交代の多さだ。高校は10人の交代枠が認められている。

 かつてラグビーの選手交代は、けがをした場合しか認められなかった。どれだけ苦しくなっても先発した選手が死力を尽くす。精神力が尊ばれた。

 奈良市出身の大西鉄之祐監督が率いる日本代表が昭和43年、世界の強豪ニュージーランドの準代表チームを破ったのはラグビー史上に残る快挙だ。

 当時の日本はまったく無名。試合前、大西監督は選手らに水杯をまわし、最後に叩き割って、「死んでこい」と激励したのは伝説となっている。

 「取り組んだら放すな。殺されても放すな。目的完遂までは」は、女子社員の過労自殺で知られるようになった電通の行動規範であった「鬼十則」の一つ。

 ともに、「死ぬ気で頑張れ」の意味で、本当に死ねといっているのではない。ただ、交代枠を多く使って、個人、組織として最高の力を発揮できるようにするシステムの方が、現代には合致してるのではないか。(栄)

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

1.5億円程度減額か - 見直し限定的/奈良市修正予算案[2017.03.27]

増設園舎の使用中止 - 軟弱地盤が判明/広陵北保育園写真付き記事[2017.03.27]

智弁8強ならず - もう一度この舞台へ/第89回センバツ写真付き記事[2017.03.27]

体力や食育 支援拠点に - 幼保連携型認定こども園「藍咲学園」/木津川で竣工式写真付き記事[2017.03.27]

郡山城 天守台展望施設が完成 - 殿様気分で一望/一般公開開始写真付き記事[2017.03.27]

最後の「奈産大生」卒業 - 思い出胸に巣立ち写真付き記事[2017.03.27]

小さな演者、連吟や舞囃子 - 大和猿楽子どもフェスティバル写真付き記事[2017.03.27]

雪丸弁当召し上がれ - 来月1日から販売/「ヤオヒコ」が王寺町や県内大学と産官学連携写真付き記事[2017.03.27]

魅せた智弁、一丸野球 - 最終回反撃も及ばず/封じられた強力打線写真付き記事[2017.03.27]

震度6強以上耐震性なし - 公表で対策促進/県内37大規模施設[2017.03.25]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ