このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2017年1月4日 奈良新聞

 県代表の御所実が出場している全国高校ラグビー大会が開かれている。近年、ラグビー観戦していて目につくのが、選手交代の多さだ。高校は10人の交代枠が認められている。

 かつてラグビーの選手交代は、けがをした場合しか認められなかった。どれだけ苦しくなっても先発した選手が死力を尽くす。精神力が尊ばれた。

 奈良市出身の大西鉄之祐監督が率いる日本代表が昭和43年、世界の強豪ニュージーランドの準代表チームを破ったのはラグビー史上に残る快挙だ。

 当時の日本はまったく無名。試合前、大西監督は選手らに水杯をまわし、最後に叩き割って、「死んでこい」と激励したのは伝説となっている。

 「取り組んだら放すな。殺されても放すな。目的完遂までは」は、女子社員の過労自殺で知られるようになった電通の行動規範であった「鬼十則」の一つ。

 ともに、「死ぬ気で頑張れ」の意味で、本当に死ねといっているのではない。ただ、交代枠を多く使って、個人、組織として最高の力を発揮できるようにするシステムの方が、現代には合致してるのではないか。(栄)

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

一人暮らし増、25.7% - 少子高齢化が加速/27年国勢調査詳細版[2017.01.16]

うっすら雪化粧 - 近鉄線スリップ、立ち往生/大寒波写真付き記事[2017.01.16]

生物の多様性守ろう - 連携協定、講演も/橿原市と沖縄・石垣市がシンポ写真付き記事[2017.01.16]

炎に祈る良き1年 - 幸福招く勇壮「鬼走り」/念仏寺陀々堂写真付き記事[2017.01.16]

映画音楽など多彩に - 幻想的な照明の演出/奈良フィル・ニューイヤーコンサート写真付き記事[2017.01.16]

顔もすっぽり - 巨大茶わん支え合い/西大寺で新春初釜大茶盛式写真付き記事[2017.01.16]

給与体系 「見直した」4割超 - 人材確保、流出防止で/県内企業の最低賃金改定調査[2017.01.16]

県チーム43位 - アンカー西川粘走/全国都道府県対抗女子駅伝写真付き記事[2017.01.16]

自民県議全員を招待 - 県組織の関係改善へ/公明県本部あす年賀会[2017.01.15]

寒波に負けず 県内7106人挑戦 - 「センター試験」スタート/現役志願率が過去最高写真付き記事[2017.01.15]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ