このページでは、Javascriptを使用しています

総合


現在位置:トップページ> 総合> 記事


鈴を手に「神おろし」 - 春日大社 神楽始式

2017年1月4日 奈良新聞

巫女が榊を手に舞を奉納する「神楽始式」が行われた=3日、奈良市春日野町の春日大社

 第60次式年造替を終えた奈良市春日野町の春日大社で、新年に当たり初めて巫女(みこ)が舞を奉納する「神楽(かぐら)始式」が行われた。

 神楽始式は平安時代から続く伝統行事で、国の安泰とともに1年を通した神楽の無事奉納などを祈願する。

 奉納するのは琴を演奏する1人を含む八乙女ら。本殿前で神事が執り行われた後、神職の歌に合わせ、6人の巫女がこの日のみ行われるという「神おろし」の秘曲を、1人ずつ鈴を手に舞を披露。

 最後に、巫女の最上位に当たる「一臈(ろう)」が、鏡を模した輪型状の榊(さかき)を手に、「千代まで」を舞い、初詣に訪れた大勢の善男善女も手を合わせて1年の家内安全を祈っていた。

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

高齢化対応など柱 - 県国土利用計画[2018.02.20]

春色ちらほら - 大和郡山のツバキ園写真付き記事[2018.02.20]

再公募、提案書1件 - 奈良市新斎苑[2018.02.20]

中央アジアで製作か - 中国・遼王妃墓のガラス器/25日、橿考研で成果報告写真付き記事[2018.02.20]

多様な文化知って - ウガンダでの活動語る/生駒市立緑ケ丘中で鰐淵さん講演写真付き記事[2018.02.20]

多彩なタンゴ演奏 - 歌や詩の朗読の演出も写真付き記事[2018.02.20]

各企業が特長アピール - NARAジョブフェアに学生ら350人写真付き記事[2018.02.20]

政治学校 休眠続く - 再開準備も未着手/自民県連[2018.02.19]

特大いちご春の味 - 橿原の農園収穫ピーク写真付き記事[2018.02.19]

日干番茶で町おこし - 町商工会有志が製品化写真付き記事[2018.02.19]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ