このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2016年12月31日 奈良新聞

 県警のまとめによると、交通事故による死者数は29日現在で47人。前年をわずかに上回ったものの、ほぼ横ばいを守って今年を締めくくれそう。

 一方、人身事故の件数は1割以上も減少、5千件の大台を下回るのがほぼ確実。それに合わせて負傷者も大幅に減るなど目覚しい成果につなげた。

 数字が改善した理由は道路環境や自動車性能の向上、また歩行者や運転者一人ひとりの心掛けなど、さまざまな努力が積み重なった成果だろう。さらに詳しく分析し、事故ゼロに近づけたい。

 また高齢化の進展で、重大事故が起きやすくなっているという指摘もある。行政や警察による運転免許の返納など適切な指導、啓発も欠かせない。

 ただ機敏な動きが難しい年齢になっても生活のため車に乗る人はいる。まず個々の自覚を促すと同時に高齢者を支える社会システムを充実しないと、もう一段の事故削減は難しくなってくる。

 人身事故が減ったのは間違いないが、それでも年間の負傷者は約5700人。まだ県民200人に1人の割合で、けが人が出ている状況を踏まえ、来年への課題としたい。(松)

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

新斎苑、都市計画決定 - 反対根強く難航必至[2017.05.24]

国文祭 障文祭 100日前 - 28日に奈良でイベント写真付き記事[2017.05.24]

早期確定へ「結集」 - リニア県期成 同盟総会写真付き記事[2017.05.24]

280年ぶり見つかる - 古文書に描かれた舎利孔蓋/法輪寺寺蔵写真付き記事[2017.05.24]

子育て支援の拠点に - 生駒市「はばたきみっき」開設写真付き記事[2017.05.24]

優しい絵を手元に - 障害者アートのクリアファイル写真付き記事[2017.05.24]

日差しに黄色鮮やか - 不退寺・キショウブ写真付き記事[2017.05.23]

関連予算案提出が焦点 - 奈良市新斎苑[2017.05.23]

タクシー初乗り補助 - 75歳以上に吉野町[2017.05.23]

県産材や空き家活用 - 県住生活ビジョン改定へ推進委[2017.05.23]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ