このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2016年12月31日 奈良新聞

 県警のまとめによると、交通事故による死者数は29日現在で47人。前年をわずかに上回ったものの、ほぼ横ばいを守って今年を締めくくれそう。

 一方、人身事故の件数は1割以上も減少、5千件の大台を下回るのがほぼ確実。それに合わせて負傷者も大幅に減るなど目覚しい成果につなげた。

 数字が改善した理由は道路環境や自動車性能の向上、また歩行者や運転者一人ひとりの心掛けなど、さまざまな努力が積み重なった成果だろう。さらに詳しく分析し、事故ゼロに近づけたい。

 また高齢化の進展で、重大事故が起きやすくなっているという指摘もある。行政や警察による運転免許の返納など適切な指導、啓発も欠かせない。

 ただ機敏な動きが難しい年齢になっても生活のため車に乗る人はいる。まず個々の自覚を促すと同時に高齢者を支える社会システムを充実しないと、もう一段の事故削減は難しくなってくる。

 人身事故が減ったのは間違いないが、それでも年間の負傷者は約5700人。まだ県民200人に1人の割合で、けが人が出ている状況を踏まえ、来年への課題としたい。(松)

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

1.5億円程度減額か - 見直し限定的/奈良市修正予算案[2017.03.27]

増設園舎の使用中止 - 軟弱地盤が判明/広陵北保育園写真付き記事[2017.03.27]

智弁8強ならず - もう一度この舞台へ/第89回センバツ写真付き記事[2017.03.27]

体力や食育 支援拠点に - 幼保連携型認定こども園「藍咲学園」/木津川で竣工式写真付き記事[2017.03.27]

郡山城 天守台展望施設が完成 - 殿様気分で一望/一般公開開始写真付き記事[2017.03.27]

最後の「奈産大生」卒業 - 思い出胸に巣立ち写真付き記事[2017.03.27]

小さな演者、連吟や舞囃子 - 大和猿楽子どもフェスティバル写真付き記事[2017.03.27]

雪丸弁当召し上がれ - 来月1日から販売/「ヤオヒコ」が王寺町や県内大学と産官学連携写真付き記事[2017.03.27]

魅せた智弁、一丸野球 - 最終回反撃も及ばず/封じられた強力打線写真付き記事[2017.03.27]

震度6強以上耐震性なし - 公表で対策促進/県内37大規模施設[2017.03.25]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ