このページでは、Javascriptを使用しています

経済


現在位置:トップページ> 経済> 記事


こだわりの全粒粉入り素麺を全国へ - 伝統製法で新商品開発/斑鳩・和カフェ「布穀薗」

2016年12月27日 奈良新聞

「からだにやさしく・おいしい」をテーマにした商品「ベル・ブラン」=奈良市西大寺東町2の東急ハンズ奈良店

 斑鳩町のカフェと三輪素麺(そうめん)の製造元が共同開発した、全粒粉入り素麺「ベル・ブラン」が完成し、奈良市西大寺東町2丁目の近鉄百貨店奈良店5階の東急ハンズ奈良店で販売が始まった。

 桜井市三輪は手延べ素麺発祥の地。しかし、三輪素麺の全国シェアは10%程度にとどまっている。このため、こだわりの素麺を作って全国に発信していきたいと、和カフェ「布穀薗(ふこくえん)」(斑鳩町)が商品を企画した。

 製造は「中垣製麺所」(山添村)が担当。国産小麦を皮ごとひいた全粒粉を使用し、添加物や油を加えずに伝統の手延べ製法で仕上げた。

 関係者によれば、全粒粉入りのため栄養価が高く、独特の食感からさまざまな料理への活用が可能という。布穀薗のホームページでは、3種類のアレンジレシピを紹介している。

 同商品は、50グラム×8束入りで1800円(税別)。東急ハンズ奈良店の島本将太係長は「素麺の伝統を守りつつ、新しい発信ができる商品」と期待を寄せる。

 また、同製麺所の中垣雅至代表は「新しいことにチャレンジし、技術力を磨くことで三輪素麺の製造にも生かしていければ」、同カフェの井上雅仁代表は「こだわりの素麺を国内外に発信していきたい」とそれぞれ意気込みをみせている。

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

議会改革へ「部会」 - 非公開、2月にも/奈良市会幹事長会[2017.12.15]

みんな違ってワンダフル - 一刀彫で戌の置物作り写真付き記事[2017.12.15]

「御間塀」新たな姿見て - 春日大社壁画、県庁で写真付き記事[2017.12.15]

県、30億円超税収増へ - 地方消費税配分見直し[2017.12.15]

雪辱期し技量磨く - 桐山さんが日本一/とちぎ技能五輪和裁職種の部写真付き記事[2017.12.15]

みんな一緒に遊ぼう - 幼稚園訪問で交流/法隆寺国際高生写真付き記事[2017.12.15]

訪日外国人対策 支援企業に投資[2017.12.15]

保護者の書面義務付け - フィルタリング解除で/県、規制強化の方針[2017.12.14]

強さと品格と 土佐闘犬横綱 - 大和神社、絵馬奉納写真付き記事[2017.12.14]

大規模災害から曽爾守る - 村防災センターが完成写真付き記事[2017.12.14]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ