このページでは、Javascriptを使用しています

総合


現在位置:トップページ> 総合> 記事


事業者公募始まる - 来春に交渉権者/旧高畑町裁判所跡地

2016年12月27日 奈良新聞

 奈良市高畑町の旧高畑町裁判所跡地(1万3000平方メートル、県所有)に宿泊施設を整備する計画で、県は26日、公募型プロポーザルによる民間事業者の公募を始めた。同跡地は、明治から大正期に山口財閥の別邸が建てられていた場所で、志賀直哉や武者小路実篤ら文化人が交流を深めた名勝地。ホテルや飲食施設などに貸し出し、活用を図る。若草山も一望できる好立地で、県が来年度から茶室を再現するなどして風情豊かな空間にする。

 裁判所跡地は興福寺塔頭(たっちゅう)の松林院が明治の廃仏毀釈(きしゃく)で廃寺となり、その後、旧山口銀行(現三菱東京UFJ銀行)を経営する山口財閥が別邸として所有。茶室、庭園があり、多くの文豪、茶人の交流の場になっていたという…

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

地域包括ケア深化 - 県高齢者福祉計画[2018.01.17]

明かり温か雪の温泉街 - 天川の洞川写真付き記事[2018.01.17]

地域で高齢者支援 - 見守り協定を締結/香芝市と45事業所写真付き記事[2018.01.17]

健康や家族円満祈祷 - 「地獄めぐり」の紙芝居も/白毫寺「閻魔詣で」写真付き記事[2018.01.17]

「新聞で学ぶ」成果多彩に - 県「NIE展」開幕/28日まで図書情報館写真付き記事[2018.01.17]

飛躍の年に期待 - 県プラスチック成型協同組合写真付き記事[2018.01.17]

藤原氏ゆかり貴族宅? - 墨書土器に「宮寺」/平城京の邸宅跡で写真付き記事[2018.01.17]

契約変更案を市会否決 - 市、予定通り開業へ/橿原[2018.01.16]

勇壮 炎で厄ばらい - 陀々堂の鬼はしり写真付き記事[2018.01.16]

障害者就労の店、再出発 - 台風被害で移転、営業/御所の施設レストラン写真付き記事[2018.01.16]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ