このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2016年12月27日 奈良新聞

 極彩色と墨の違いはあれ、県内の遺跡で見つかっていたらどんな騒ぎになったかと思う。女子群像を描いた青谷横木遺跡(鳥取市)の板絵は、年のくくりにふさわしいビッグニュースだった。

 ロングスカートのような裳(も)や女官が手にした払子(ほっす)を高松塚古墳の「飛鳥美人」に重ね合わせた人も多いだろう。

 飛鳥の都が藤原京へ移る7世紀末から8世紀初頭という時代に、遠く離れた二つの場所で同じ特徴の女子群像が描かれた。

 研究者は朝鮮半島の高句麗にルーツがあるとみており、共通の手本が存在したか、いずれにも渡来系の絵師がいたと考えるのが妥当だろう。調査が進めば新たな発見があるかもしれない。

 鳥取の板絵の使途は不明だが、古墳に掛けた可能性もある。ただ、色がない上、いくつもの破片に割れていた。

 高松塚古墳の壁画は盗掘に堪え、色彩さえも当時のままに残っていた。その奇跡をあらためて思う。カビの被害などで色あせたが、文化庁の手で修復が進んでいる。発見から間もなく半世紀を迎える国宝壁画を、未来の世代に伝えねばならない。(増)

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

地域包括ケア深化 - 県高齢者福祉計画[2018.01.17]

明かり温か雪の温泉街 - 天川の洞川写真付き記事[2018.01.17]

地域で高齢者支援 - 見守り協定を締結/香芝市と45事業所写真付き記事[2018.01.17]

健康や家族円満祈祷 - 「地獄めぐり」の紙芝居も/白毫寺「閻魔詣で」写真付き記事[2018.01.17]

「新聞で学ぶ」成果多彩に - 県「NIE展」開幕/28日まで図書情報館写真付き記事[2018.01.17]

飛躍の年に期待 - 県プラスチック成型協同組合写真付き記事[2018.01.17]

藤原氏ゆかり貴族宅? - 墨書土器に「宮寺」/平城京の邸宅跡で写真付き記事[2018.01.17]

契約変更案を市会否決 - 市、予定通り開業へ/橿原[2018.01.16]

勇壮 炎で厄ばらい - 陀々堂の鬼はしり写真付き記事[2018.01.16]

障害者就労の店、再出発 - 台風被害で移転、営業/御所の施設レストラン写真付き記事[2018.01.16]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ