このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2016年12月21日 奈良新聞

 生駒市が、婚姻届を受理する際、希望者から未来の2人に宛てた手紙を預かるサービスを始めた。本日付の社会面に関連の記事を掲載している。

 新婚夫婦が自分たちへのメッセージを託すと、市が3年後に郵送で届けてくれる。きのうが受付初日でまだ届出はなかったが、話題を呼びそうだ。

 夢や希望にあふれる今の気持ちを文字にして、数年後の自分に送る取り組みは初心を忘れない戒めにもなる。そんな手紙は読みたくない―と思う自分にならないよう、2人で心をつなぎたい。

 また学校で卒業文集に思いをつづるのとは違い、新生活のスタートに決意を込めるなら、ロマンティックな言葉より、目標や約束を記すのも良い。

 達成に向けて努力し、手紙が届いたときに採点する。これではまるで政治家の選挙公約のようだが、2人で立てた誓いを守るのは夫婦仲を保つ秘けつでもあるだろうから、挑戦の価値はある。

 残念ながら結婚の予定がない人には無用の話題。ただ替わりに、書き損じの年賀状に自分宛ての思いを記して手元におき、来年末に見返して反省材料にするのは一手かも。(松)

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

県都決戦、関心いかに - 奈良市長・市議選[2017.05.26]

県内の教育施設紹介 - 近畿ブロック知事会議で荒井知事写真付き記事[2017.05.26]

東吉野 にぎわい拠点 - 気軽に集う場に 来訪者と交流も写真付き記事[2017.05.26]

「人権のまち」目指し - 市町村啓発活動推進本部連絡協写真付き記事[2017.05.26]

交通安全 楽しく学ぶ - 山の辺幼稚園で安全教室/JAF奈良支部写真付き記事[2017.05.26]

一つ一つ丁寧に柿の葉ずし作り - 奈良文化高食文化コース3年生写真付き記事[2017.05.26]

職場にも好影響 - 知的障害者雇用を進める「理想実業」写真付き記事[2017.05.26]

「地方創生大賞」受賞 - 五條・石井物産の「柿バター」写真付き記事[2017.05.26]

自民県連に高まる批判 - 奈良市長選の対応暗礁[2017.05.25]

行政相談、微増2006件 - 昨年度の県内[2017.05.25]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ