このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2016年12月21日 奈良新聞

 生駒市が、婚姻届を受理する際、希望者から未来の2人に宛てた手紙を預かるサービスを始めた。本日付の社会面に関連の記事を掲載している。

 新婚夫婦が自分たちへのメッセージを託すと、市が3年後に郵送で届けてくれる。きのうが受付初日でまだ届出はなかったが、話題を呼びそうだ。

 夢や希望にあふれる今の気持ちを文字にして、数年後の自分に送る取り組みは初心を忘れない戒めにもなる。そんな手紙は読みたくない―と思う自分にならないよう、2人で心をつなぎたい。

 また学校で卒業文集に思いをつづるのとは違い、新生活のスタートに決意を込めるなら、ロマンティックな言葉より、目標や約束を記すのも良い。

 達成に向けて努力し、手紙が届いたときに採点する。これではまるで政治家の選挙公約のようだが、2人で立てた誓いを守るのは夫婦仲を保つ秘けつでもあるだろうから、挑戦の価値はある。

 残念ながら結婚の予定がない人には無用の話題。ただ替わりに、書き損じの年賀状に自分宛ての思いを記して手元におき、来年末に見返して反省材料にするのは一手かも。(松)

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

高齢化対応など柱 - 県国土利用計画[2018.02.20]

春色ちらほら - 大和郡山のツバキ園写真付き記事[2018.02.20]

再公募、提案書1件 - 奈良市新斎苑[2018.02.20]

中央アジアで製作か - 中国・遼王妃墓のガラス器/25日、橿考研で成果報告写真付き記事[2018.02.20]

多様な文化知って - ウガンダでの活動語る/生駒市立緑ケ丘中で鰐淵さん講演写真付き記事[2018.02.20]

多彩なタンゴ演奏 - 歌や詩の朗読の演出も写真付き記事[2018.02.20]

各企業が特長アピール - NARAジョブフェアに学生ら350人写真付き記事[2018.02.20]

政治学校 休眠続く - 再開準備も未着手/自民県連[2018.02.19]

特大いちご春の味 - 橿原の農園収穫ピーク写真付き記事[2018.02.19]

日干番茶で町おこし - 町商工会有志が製品化写真付き記事[2018.02.19]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ