このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2016年12月20日 奈良新聞

 森林環境管理の専門家としてスイスで制度化されている「フォレスター」を紀伊半島で養成しようという全国初の試みが注目される。

 既存の林業大学校とは異なる「フォレスト・アカデミー」というフォレスター養成学校の設置を目指す。奈良、和歌山、三重3県が連携し、詳細の検討を進めるという。

 林業(木材生産)、防災、動植物の生態系維持、レクリエーションの4分野を統一してフォレスターが管理する。わが国の行政にある省庁間の垣根を越えた役割を果たす。

 紀伊半島であれば、記紀の世界までもさかのぼる歴史・文化という分野への理解も欠かせない。「紀伊半島フォレスター」には、この歴史・文化の視点は絶対外してほしくない。

 記紀の世界からの歴史といえば、南方熊楠(和歌山)や本居宣長(三重)なども思い浮かぶ。こうした大学者の成果も踏まえたスケールの大きな人材が誕生するといい。

 全く新しい概念での専門家養成だけに、実現への難航も予想される。講師陣の整備一つをとっても難しそうだ。それでも、紀伊半島という聖地での大事業成就に期待したい。(北)

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

新斎苑、都市計画決定 - 反対根強く難航必至[2017.05.24]

国文祭 障文祭 100日前 - 28日に奈良でイベント写真付き記事[2017.05.24]

早期確定へ「結集」 - リニア県期成 同盟総会写真付き記事[2017.05.24]

280年ぶり見つかる - 古文書に描かれた舎利孔蓋/法輪寺寺蔵写真付き記事[2017.05.24]

子育て支援の拠点に - 生駒市「はばたきみっき」開設写真付き記事[2017.05.24]

優しい絵を手元に - 障害者アートのクリアファイル写真付き記事[2017.05.24]

日差しに黄色鮮やか - 不退寺・キショウブ写真付き記事[2017.05.23]

関連予算案提出が焦点 - 奈良市新斎苑[2017.05.23]

タクシー初乗り補助 - 75歳以上に吉野町[2017.05.23]

県産材や空き家活用 - 県住生活ビジョン改定へ推進委[2017.05.23]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ