このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2016年12月19日 奈良新聞

 外国へ行ってホームステイなどで現地の人と交流する場合、折り紙を持っていくと喜ばれるという。一枚の紙から鶴やかぶとを生み出す日本人の器用さが賞賛されるとか。

 日本の折り紙は7世紀末の故事に起源がみられ、日本の文化として江戸時代に庶民の間で普及、現代まで親しまれてきた。長い歴史が器用さの元か。

 県立美術館は禅関連の企画展(10、11月)に合わせ、日本文化に親しもうと折り紙体験イベントを開いた。その中で平和への願いを込めた千羽鶴作りを呼びかけた。

 オバマ米大統領が広島に贈った折り鶴が話題となっていた時期でもあり、同展に来場した人たちの関心も高く、観覧者総数の約1割以上、1415人分の計2千羽が集まった。

 今月6日に同館広報大使の歌手・川本三栄子さんらが千羽鶴2束を広島市に持参。市平和推進課の職員に託し、平和記念公園の展示ブースにつるされた。

 美術館といえば平和運動とは縁遠いように思いがちだが、平和なくして芸術はない。老若男女、様々な人々の平和への願いがかたちとなった取り組みの意義は大きいのではないか。(栄)

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

一人暮らし増、25.7% - 少子高齢化が加速/27年国勢調査詳細版[2017.01.16]

うっすら雪化粧 - 近鉄線スリップ、立ち往生/大寒波写真付き記事[2017.01.16]

生物の多様性守ろう - 連携協定、講演も/橿原市と沖縄・石垣市がシンポ写真付き記事[2017.01.16]

炎に祈る良き1年 - 幸福招く勇壮「鬼走り」/念仏寺陀々堂写真付き記事[2017.01.16]

映画音楽など多彩に - 幻想的な照明の演出/奈良フィル・ニューイヤーコンサート写真付き記事[2017.01.16]

顔もすっぽり - 巨大茶わん支え合い/西大寺で新春初釜大茶盛式写真付き記事[2017.01.16]

給与体系 「見直した」4割超 - 人材確保、流出防止で/県内企業の最低賃金改定調査[2017.01.16]

県チーム43位 - アンカー西川粘走/全国都道府県対抗女子駅伝写真付き記事[2017.01.16]

自民県議全員を招待 - 県組織の関係改善へ/公明県本部あす年賀会[2017.01.15]

寒波に負けず 県内7106人挑戦 - 「センター試験」スタート/現役志願率が過去最高写真付き記事[2017.01.15]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ