このページでは、Javascriptを使用しています

金曜時評


現在位置:トップページ> 金曜時評> 記事


安全性に強い不安 - 編集委員 辻 恵介

2016年12月16日 奈良新聞

 北の国からの賓客、安倍首相が待ち望んだプーチン大統領の来日を前に、13日夜に起きた米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)所属の新型輸送機MV22オスプレイの不時着、大破の事故。日本国内でのオスプレイの重大事故は初めてで、当然のことながら、配備要請を受けている関係自治体をはじめ、国民の間に動揺が広がった。

 事故の翌14日、在沖縄米軍トップのニコルソン沖縄地域調整官は記者会見し「沖縄の人々に謝罪する」と述べた。極めて異例の会見だったといい、日米両政府が国内に広がる不安や批判の“火消し”に躍起になっている様子が伺われる。

 パイロットが浅瀬を選んで不時着したというのは当然の判断で、もし陸上であったなら…と考えるだけで恐ろしい。別のオスプレイが、同じ夜に普天間飛行場で胴体着陸をしたことも明らかになった。

 オスプレイの話が、国内で話題になりはじめたころ、あるテレビ番組のインタビューで、操縦経験のある米軍パイロットが「操縦には極めて高度な技術を要する」という話をしていたことが、昨日のことのように思い出され、頭から消えない。

 開発段階から事故が相次ぎ、安全性を懸念する声は、ずっと出ていた。米軍は今回も「技術的な問題、人為的なミス」としたいようだが、それで片づけてしまっていいのか。“製品”としての欠陥ではないと言えるのか、疑問がつきまとう。

 オスプレイは開発段階からトラブルが相次いでいて、1991~2000年に起きた4回の墜落事故で30人が死亡している。量産決定後の12年4月にも、モロッコでの演習中の墜落事故で死傷者が出ている。

 日本には12年7月、岩国基地に12機が搬入、同年10月から普天間配備が始まり、現在24機が配備中。陸上自衛隊はオスプレイ17機を導入、2019年度から佐賀空港に順次配備する計画があるという。遠い九州のことながら、毎日不安げに空を見上げるなど、たまったものではない。

 県内でも1987(昭和62)年8月と1991(平成3)年10月に十津川村で米軍機が、木材搬出用ワイヤを切断した事件があった。大きな抗議の声が各方面から上がった、県民にとって忘れられない出来事だ。状況は全く違うが、空の安全、県民の安全な暮らしは等しく守られるべきだ。

 事故は空中給油の訓練中に機体が「不安定」になったからというが、何やら今後の日米関係を暗示しているようで…。

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

「合併施行方式」で - 京奈和道整備[2017.07.26]

万葉人に思い重ね - 藤原宮跡、ハス見頃写真付き記事[2017.07.26]

「藤間家住宅」修復へ - 無人で老朽化、倒壊の危険性写真付き記事[2017.07.26]

未来の“匠”仕事体験 - 県内高校生、技術学ぶ写真付き記事[2017.07.26]

楽しく生活習慣を - 県教委「元気なならっ子約束運動」始まる写真付き記事[2017.07.26]

周辺状況更新が重要 - 車の自動走行を考察/学研都市の「エジソンの会」写真付き記事[2017.07.26]

大久保、決勝満塁弾 - 第99回全国高校野球選手権奈良大会 準々決勝写真付き記事[2017.07.26]

組織刷新求める声 - 後任人事は難航か/自民県連[2017.07.25]

ウナギで元気 - きょう土用の丑写真付き記事[2017.07.25]

「幻の大寺院」実像を感じて - 来年、発見から10年で/奈教大で常設展示写真付き記事[2017.07.25]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ