このページでは、Javascriptを使用しています

経済


現在位置:トップページ> 経済> 記事


春季限定の「桜あん」 - 奈良祥樂のらほつ饅頭

2016年12月15日 奈良新聞

新登場のらほつ饅頭桜あん=14日、奈良市東向中町の奈良祥樂近鉄奈良駅店

 奈良祥樂(斑鳩町、植嶋修治代表)は、きょう15日、同社の代表商品「らほつ饅頭(まんじゅう)」で、春季限定の「桜あん」を新発売する。

 らほつ饅頭は、大仏のあたまのらほつをかたどったかりんとう饅頭。桜あんは、沖縄県の黒糖を使用した生地で、細かく刻んだ塩漬け桜葉を練り込んだあんを包んだ商品。上部にはかりかりとした食感の道明寺餅米がトッピングされている。

 桜あんの登場で、同饅頭のラインアップはこしあん、粒あん、抹茶あん、栗かぼちゃあんとの5種類になる。植嶋葉子副社長は「開発に1年をかけた商品。ぜひ味わっていただきたい」と話した。

 1個145円(税込み)。3個、6個、10個入りもある。販売は同社の近鉄奈良駅、学園前両店と本社直売所、東京・奈良まほろば館、県内アンテナショップなど。オンラインショップでも取り扱う。

 問い合わせは同社、フリーダイヤル(0120)074574。

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

新斎苑、都市計画決定 - 反対根強く難航必至[2017.05.24]

国文祭 障文祭 100日前 - 28日に奈良でイベント写真付き記事[2017.05.24]

早期確定へ「結集」 - リニア県期成 同盟総会写真付き記事[2017.05.24]

280年ぶり見つかる - 古文書に描かれた舎利孔蓋/法輪寺寺蔵写真付き記事[2017.05.24]

子育て支援の拠点に - 生駒市「はばたきみっき」開設写真付き記事[2017.05.24]

優しい絵を手元に - 障害者アートのクリアファイル写真付き記事[2017.05.24]

日差しに黄色鮮やか - 不退寺・キショウブ写真付き記事[2017.05.23]

関連予算案提出が焦点 - 奈良市新斎苑[2017.05.23]

タクシー初乗り補助 - 75歳以上に吉野町[2017.05.23]

県産材や空き家活用 - 県住生活ビジョン改定へ推進委[2017.05.23]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ