このページでは、Javascriptを使用しています

経済


現在位置:トップページ> 経済> 記事


春季限定の「桜あん」 - 奈良祥樂のらほつ饅頭

2016年12月15日 奈良新聞

新登場のらほつ饅頭桜あん=14日、奈良市東向中町の奈良祥樂近鉄奈良駅店

 奈良祥樂(斑鳩町、植嶋修治代表)は、きょう15日、同社の代表商品「らほつ饅頭(まんじゅう)」で、春季限定の「桜あん」を新発売する。

 らほつ饅頭は、大仏のあたまのらほつをかたどったかりんとう饅頭。桜あんは、沖縄県の黒糖を使用した生地で、細かく刻んだ塩漬け桜葉を練り込んだあんを包んだ商品。上部にはかりかりとした食感の道明寺餅米がトッピングされている。

 桜あんの登場で、同饅頭のラインアップはこしあん、粒あん、抹茶あん、栗かぼちゃあんとの5種類になる。植嶋葉子副社長は「開発に1年をかけた商品。ぜひ味わっていただきたい」と話した。

 1個145円(税込み)。3個、6個、10個入りもある。販売は同社の近鉄奈良駅、学園前両店と本社直売所、東京・奈良まほろば館、県内アンテナショップなど。オンラインショップでも取り扱う。

 問い合わせは同社、フリーダイヤル(0120)074574。

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

地域包括ケア深化 - 県高齢者福祉計画[2018.01.17]

明かり温か雪の温泉街 - 天川の洞川写真付き記事[2018.01.17]

地域で高齢者支援 - 見守り協定を締結/香芝市と45事業所写真付き記事[2018.01.17]

健康や家族円満祈祷 - 「地獄めぐり」の紙芝居も/白毫寺「閻魔詣で」写真付き記事[2018.01.17]

「新聞で学ぶ」成果多彩に - 県「NIE展」開幕/28日まで図書情報館写真付き記事[2018.01.17]

飛躍の年に期待 - 県プラスチック成型協同組合写真付き記事[2018.01.17]

藤原氏ゆかり貴族宅? - 墨書土器に「宮寺」/平城京の邸宅跡で写真付き記事[2018.01.17]

契約変更案を市会否決 - 市、予定通り開業へ/橿原[2018.01.16]

勇壮 炎で厄ばらい - 陀々堂の鬼はしり写真付き記事[2018.01.16]

障害者就労の店、再出発 - 台風被害で移転、営業/御所の施設レストラン写真付き記事[2018.01.16]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ