このページでは、Javascriptを使用しています

経済


現在位置:トップページ> 経済> 記事


春季限定の「桜あん」 - 奈良祥樂のらほつ饅頭

2016年12月15日 奈良新聞

新登場のらほつ饅頭桜あん=14日、奈良市東向中町の奈良祥樂近鉄奈良駅店

 奈良祥樂(斑鳩町、植嶋修治代表)は、きょう15日、同社の代表商品「らほつ饅頭(まんじゅう)」で、春季限定の「桜あん」を新発売する。

 らほつ饅頭は、大仏のあたまのらほつをかたどったかりんとう饅頭。桜あんは、沖縄県の黒糖を使用した生地で、細かく刻んだ塩漬け桜葉を練り込んだあんを包んだ商品。上部にはかりかりとした食感の道明寺餅米がトッピングされている。

 桜あんの登場で、同饅頭のラインアップはこしあん、粒あん、抹茶あん、栗かぼちゃあんとの5種類になる。植嶋葉子副社長は「開発に1年をかけた商品。ぜひ味わっていただきたい」と話した。

 1個145円(税込み)。3個、6個、10個入りもある。販売は同社の近鉄奈良駅、学園前両店と本社直売所、東京・奈良まほろば館、県内アンテナショップなど。オンラインショップでも取り扱う。

 問い合わせは同社、フリーダイヤル(0120)074574。

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

奈良西部に道の駅 - 知事が建設検討/中町IC付近[2017.06.27]

クリーンセンター 移転交渉 糸口見えず - 奈良市政の課題<2>写真付き記事[2017.06.27]

筋力強化し走る体に - 奈良マラソン「ランニングクリニック」写真付き記事[2017.06.27]

命つなぐ情報を - 県南部初のコミュニティ放送局/エフエム五條写真付き記事[2017.06.27]

雨の中800人スイング - 渡辺真知子さんら熱演/ムジークフェストなら2017写真付き記事[2017.06.27]

新しい友達と遊ぼう - 奈良市小規模保育園交流写真付き記事[2017.06.27]

おいしい大和野菜いかが - 首都圏で県が試食会写真付き記事[2017.06.27]

告示1週間前、はや加熱 - 奈良市長選写真付き記事[2017.06.26]

奈良市政の課題<1> - 安全性への不安残し/新斎苑事業写真付き記事[2017.06.26]

地球に優しく コストも削減 - やまとクリーンパーク完工式写真付き記事[2017.06.26]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ