このページでは、Javascriptを使用しています

経済


現在位置:トップページ> 経済> 記事


ならコープが電気供給 - エネルギーの地産地消を/来年4月から子会社通じ

2016年12月1日 奈良新聞

「ならコープでんき」について会見する森理事長(左から2人目)ら=30日、奈良市登大路町の県庁

 市民生活協同組合ならコープ(奈良市、森宏之理事長)は30日、子会社「CWS」(天理市、中村和次社長)を通じて、平成29年4月1日から組合員への電気供給「ならコープでんき」を開始する、と発表した。同組合事業所などに設置した太陽光発電施設からの再生可能エネルギー(再エネ)を供給電源に組み込むことで、エネルギーの地産地消を図るとともに、地球温暖化防止による持続可能な社会の構築につなげる考え。料金は電気使用量が少ない世帯にもメリットがある価格体系にし、メニューも一本化する。新年1月9日から広報して受け付けを始める。

 同組合と、今年10月に小売電気事業者登録したCWSが取次契約を締結。同組合が組合員への説明と契約業務を担い、CWSが電気を供給する。また、CWSは新電力会社エネサーブ(滋賀県大津市)のバランシンググループ(電気料金を安くするための代表契約者制度)に加わり、需給調整や電源調達で協力する…

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

議会改革へ「部会」 - 非公開、2月にも/奈良市会幹事長会[2017.12.15]

みんな違ってワンダフル - 一刀彫で戌の置物作り写真付き記事[2017.12.15]

「御間塀」新たな姿見て - 春日大社壁画、県庁で写真付き記事[2017.12.15]

県、30億円超税収増へ - 地方消費税配分見直し[2017.12.15]

雪辱期し技量磨く - 桐山さんが日本一/とちぎ技能五輪和裁職種の部写真付き記事[2017.12.15]

みんな一緒に遊ぼう - 幼稚園訪問で交流/法隆寺国際高生写真付き記事[2017.12.15]

訪日外国人対策 支援企業に投資[2017.12.15]

保護者の書面義務付け - フィルタリング解除で/県、規制強化の方針[2017.12.14]

強さと品格と 土佐闘犬横綱 - 大和神社、絵馬奉納写真付き記事[2017.12.14]

大規模災害から曽爾守る - 村防災センターが完成写真付き記事[2017.12.14]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ