このページでは、Javascriptを使用しています

経済


現在位置:トップページ> 経済> 記事


ならコープが電気供給 - エネルギーの地産地消を/来年4月から子会社通じ

2016年12月1日 奈良新聞

「ならコープでんき」について会見する森理事長(左から2人目)ら=30日、奈良市登大路町の県庁

 市民生活協同組合ならコープ(奈良市、森宏之理事長)は30日、子会社「CWS」(天理市、中村和次社長)を通じて、平成29年4月1日から組合員への電気供給「ならコープでんき」を開始する、と発表した。同組合事業所などに設置した太陽光発電施設からの再生可能エネルギー(再エネ)を供給電源に組み込むことで、エネルギーの地産地消を図るとともに、地球温暖化防止による持続可能な社会の構築につなげる考え。料金は電気使用量が少ない世帯にもメリットがある価格体系にし、メニューも一本化する。新年1月9日から広報して受け付けを始める。

 同組合と、今年10月に小売電気事業者登録したCWSが取次契約を締結。同組合が組合員への説明と契約業務を担い、CWSが電気を供給する。また、CWSは新電力会社エネサーブ(滋賀県大津市)のバランシンググループ(電気料金を安くするための代表契約者制度)に加わり、需給調整や電源調達で協力する…

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

国道24号渋滞緩和へ - 県など強化策写真付き記事[2017.02.20]

コンビニ交付拡大 県内6市町でも - 運用の安定性に課題も/マイナンバーカードで証明書取得[2017.02.20]

県の実情踏まえ改善を - 「働いて良し」へ活発討論/奈良で働き方シンポ写真付き記事[2017.02.20]

静かに熱く 初めての行 - 新入・清水さん、大役奮闘中/お水取り2017写真付き記事[2017.02.20]

柱や梁の組み立て間近で - 県内外から300人超/橿原・称念寺写真付き記事[2017.02.20]

子供たちに感謝の心を - 352作品から27点入賞/明日香村エッセイ募集表彰式写真付き記事[2017.02.20]

件数、負債総額ともに減 - 米新政権の影響に懸念/1月の県内企業倒産集計[2017.02.20]

バンビシャス6連勝 - 鮮やかに逆転/B.LEAGUE写真付き記事[2017.02.20]

規制逃れ明らかに - 市は静観「手法の一つ」/奈良・敷島宅地開発[2017.02.19]

地域包括ケア探る - 首長ら取り組み報告/大和高田、奈良で「フォーラム」写真付き記事[2017.02.19]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ