このページでは、Javascriptを使用しています

考古学


現在位置:トップページ> 考古学> 記事


古代遊戯「かりうち」に使用か - ユンノリ遊具に似た形/平城宮跡出土・棒状の木製品

2016年6月29日 奈良新聞

「かりうち」の「かり」とみられる木製品=奈良文化財研究所提供

盤面に使われたとみられる土器片=奈良文化財研究所提供

 平城宮跡(奈良市佐紀町など)から出土した奈良時代後半の棒状の木製品が、韓国の盤上遊戯「ユンノリ」に似た古代の遊戯「かりうち」に使われた可能性があることが、奈良文化財研究所の小田裕樹研究員の研究で分かった。双六(すごろく)のサイコロのように振り、駒の進む目を決めた遊具と推定。出土場所は宮城の警護を担当した「衛府」などの役所があった東方官衙(かんが)地区で、役人が勤務の合間に遊戯に興じていたと考えられる。研究成果は「奈良文化財研究所紀要2016」に掲載された。

 ユンノリは双六に似た遊戯で、4本の木片を使って表裏の組み合わせで駒が進む目を決める。万葉集には「折木四」や「切木四」と書いて「かり」と読む四本の木片を連想させる文字があり、同様の遊戯が古代日本でも普及していたと推定。「かり」を「うつ」という意味で「かりうち」と呼ばれていた…

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

開幕へ早くも熱気 - 国文祭 障文祭 100日前イベント写真付き記事[2017.05.29]

平群も全面禁煙 - 本年度の県内自治体調査[2017.05.29]

足技ひらり - 春日大社で万葉蹴鞠写真付き記事[2017.05.29]

使途不明金2900万円 - 県猟友会[2017.05.29]

お客の夢乗せ 地域結ぶ - 奈良のバス 100周年記念写真付き記事[2017.05.29]

理想のまちつくろう - 王寺や近隣自治体の小学生らが体験写真付き記事[2017.05.29]

中小企業 4四半期連続好転 - 1~3月期県内企業動向[2017.05.29]

【団体戦】女子 奈良大付3連覇 - 全国高校総体県予選 体操写真付き記事[2017.05.29]

新斎苑関連費、補正に - 奈良市が予算案[2017.05.27]

白鳳伽藍の姿 50年かけ復興 - 薬師寺「食堂」の落慶法要写真付き記事[2017.05.27]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ