このページでは、Javascriptを使用しています

考古学


現在位置:トップページ> 考古学> 記事


白瑠璃碗の原型か - 複数の「モチーフ」ローマ製の特徴も/正倉院宝物

2016年5月8日 奈良新聞

 天理市の天理大付属天理参考館が所蔵し、ササン朝ペルシャ(226~651年)伝来とされるガラス製品「円形切り子わん」の製作が4世紀より古く、奈良市の正倉院宝物「白瑠璃碗(はくるりのわん)」(6世紀ごろ)の原型となった可能性が高いことが7日までに、参考館などの分析で分かった。

 ササン朝ではローマ帝国からの影響でガラス生産を開始。2点は半球状のガラスに凹レンズのような円形のくぼみを隙間無く施しており、共通性が指摘されていた。6世紀ごろに生産されたと考えられているが、起源や成立は謎が多い。参考館の巽善信学芸員は「ガラスの歴史を研究する上で重要な成果。白瑠璃碗の成立について、一つの考えを示せた」と話している…

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

経常収支比率2.5ポイント改善 - 全国順位同じ44位/県内市町村財政状況[2017.01.24]

古道結び観光振興 - ルート整備、PRへ/香芝、王寺、三郷、大阪府・柏原市写真付き記事[2017.01.24]

未来に法隆寺つなぐ - 古谷執事長が一日防災官/消防訓練写真付き記事[2017.01.24]

備えよサイバー攻撃 - 危機管理体制など学ぶ/県警が対応セミナー写真付き記事[2017.01.24]

授業、ゲームで交流 - 奈良北高を訪問/韓国の高校生写真付き記事[2017.01.24]

V字回復の手法解説 - 松井名誉顧問が講演/ちゅうしん経営セミナー写真付き記事[2017.01.24]

県、一体整備へ優先案 - 近鉄「誠意もって検討」/平城宮跡の近鉄線写真付き記事[2017.01.23]

白紙撤回訴えチラシ - 計画の問題点指摘/奈良市新斎苑[2017.01.23]

川上での移住活動語る - 暮らし体験宿、林業PR・・・/地域おこし隊 本年度報告会写真付き記事[2017.01.23]

「型」で捉えた前方後円墳 - 元橿考指導研究員 故上田宏範さんの遺稿出版写真付き記事[2017.01.23]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ