このページでは、Javascriptを使用しています

金曜時評


現在位置:トップページ> 金曜時評> 記事


実害出てでは遅い - 論説委員 北岡 和之

2016年4月22日 奈良新聞

 県内で後を絶たない、土砂の掘削や搬入、盛り土などに関する違反行為に対して、県がようやく腰を挙げた。罰則適用範囲の拡大など、強化された新しい県砂防指定地等管理条例(県砂防条例、7月1日施行)の効果を大いに期待する。

 奈良市月ケ瀬長引の山林で、三重県伊賀市の土砂採取業者が、県から許可を受けた量の約4倍もの土砂を掘削。再三の指導を無視した業者の対応に業を煮やした県が先日告発した。これが報道されて注目を集めたが、県内ではこれまでに、実害が出て県が行政代執行に及んだ例もある。

 県が13日に明らかにした、県砂防条例違反として確認している5カ所(月ケ瀬の事案含む)のうち、奈良市中ノ川町内での無許可による土砂搬入がそれである。発覚は平成21年10月というから、5件の中で最も長い違反歴ということになる。

 本紙の報道などによると、平成22年7月14日、無許可搬入の土砂が雨で流出。国道369号を幅約50メートルにわたって土砂が覆い、このため県が復旧工事を行った。

 県は、土砂を搬入した大阪府内の採石業者に対し、再発防止を求める緊急の是正命令を出したが、期限の8月15日までに対応がなく、同16日に再発防止工事の行政代執行に着手した。県が残土による造成工事を許可した区域(約3900平方メートル)を越えた土砂が、無許可で砂防指定地内に運び込まれていた。代執行以後も業者は是正しなかったというから驚く。

 6年前の出来事を思い出させてくれたのは、今月13日の荒井正吾知事の定例記者会見である。話題となっている月ケ瀬での問題について記者から質問があり、知事が他にも違反事案があることを明らかにして所見を述べ、条例についても触れた。

 会見で荒井知事は「今までどうだったかは私にも責任」「県(の対応)が甘かったかどうか自問自答」などと知事としての責任にも言及した。その上で「(月ケ瀬の例では)あそこまで掘り進められたのか、というのが一番のポイント。あいまいさが残っていれば明白にして、ここまでしたらすぐ罰則がかかるとはっきり指摘するような行政姿勢にしたい」と強調した。

 月ケ瀬では、掘削で切り立った崖の上にある茶畑が崩れたら大変だ。まして人災にまで至ったらどうするのか。中ノ川にしても、また雨で土砂流出することがないのかどうか。対応は早い方がいい。条例の効果的運用に向けた準備作業に早く着手を。

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

夏の健康お願い - 大神神社で茅の輪くぐり写真付き記事[2017.06.23]

来年中に行政代執行 - 安全対策含め県/生駒の盛り土[2017.06.23]

唱歌・童謡を次代へ - 奉納コンサートなど写真付き記事[2017.06.23]

3/主食 1/主菜 2/副菜を弁当に - 奈良佐保短大で体験学習写真付き記事[2017.06.23]

連携で新たな取り組みを - 県中小企業診断士総会写真付き記事[2017.06.23]

「北和城南古墳」の銅鏡など出土地判明 - 奈良博が報告書 資料価値アップ[2017.06.23]

進む「ごみ処理広域化」 - 県、奈良モデルで促進[2017.06.22]

行方不明者281人 - 44%増、過去最多/28年[2017.06.22]

天川ブランド全国に発信 - “ほんまもん”大集合写真付き記事[2017.06.22]

心打つ音色響かせ - 堤剛さん、萩原麻未さんデュオリサイタル/ムジークフェストなら2017写真付き記事[2017.06.22]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ