このページでは、Javascriptを使用しています

金曜時評


現在位置:トップページ> 金曜時評> 記事


実害出てでは遅い - 論説委員 北岡 和之

2016年4月22日 奈良新聞

 県内で後を絶たない、土砂の掘削や搬入、盛り土などに関する違反行為に対して、県がようやく腰を挙げた。罰則適用範囲の拡大など、強化された新しい県砂防指定地等管理条例(県砂防条例、7月1日施行)の効果を大いに期待する。

 奈良市月ケ瀬長引の山林で、三重県伊賀市の土砂採取業者が、県から許可を受けた量の約4倍もの土砂を掘削。再三の指導を無視した業者の対応に業を煮やした県が先日告発した。これが報道されて注目を集めたが、県内ではこれまでに、実害が出て県が行政代執行に及んだ例もある。

 県が13日に明らかにした、県砂防条例違反として確認している5カ所(月ケ瀬の事案含む)のうち、奈良市中ノ川町内での無許可による土砂搬入がそれである。発覚は平成21年10月というから、5件の中で最も長い違反歴ということになる。

 本紙の報道などによると、平成22年7月14日、無許可搬入の土砂が雨で流出。国道369号を幅約50メートルにわたって土砂が覆い、このため県が復旧工事を行った。

 県は、土砂を搬入した大阪府内の採石業者に対し、再発防止を求める緊急の是正命令を出したが、期限の8月15日までに対応がなく、同16日に再発防止工事の行政代執行に着手した。県が残土による造成工事を許可した区域(約3900平方メートル)を越えた土砂が、無許可で砂防指定地内に運び込まれていた。代執行以後も業者は是正しなかったというから驚く。

 6年前の出来事を思い出させてくれたのは、今月13日の荒井正吾知事の定例記者会見である。話題となっている月ケ瀬での問題について記者から質問があり、知事が他にも違反事案があることを明らかにして所見を述べ、条例についても触れた。

 会見で荒井知事は「今までどうだったかは私にも責任」「県(の対応)が甘かったかどうか自問自答」などと知事としての責任にも言及した。その上で「(月ケ瀬の例では)あそこまで掘り進められたのか、というのが一番のポイント。あいまいさが残っていれば明白にして、ここまでしたらすぐ罰則がかかるとはっきり指摘するような行政姿勢にしたい」と強調した。

 月ケ瀬では、掘削で切り立った崖の上にある茶畑が崩れたら大変だ。まして人災にまで至ったらどうするのか。中ノ川にしても、また雨で土砂流出することがないのかどうか。対応は早い方がいい。条例の効果的運用に向けた準備作業に早く着手を。

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

「合併施行方式」で - 京奈和道整備[2017.07.26]

万葉人に思い重ね - 藤原宮跡、ハス見頃写真付き記事[2017.07.26]

「藤間家住宅」修復へ - 無人で老朽化、倒壊の危険性写真付き記事[2017.07.26]

未来の“匠”仕事体験 - 県内高校生、技術学ぶ写真付き記事[2017.07.26]

楽しく生活習慣を - 県教委「元気なならっ子約束運動」始まる写真付き記事[2017.07.26]

周辺状況更新が重要 - 車の自動走行を考察/学研都市の「エジソンの会」写真付き記事[2017.07.26]

大久保、決勝満塁弾 - 第99回全国高校野球選手権奈良大会 準々決勝写真付き記事[2017.07.26]

組織刷新求める声 - 後任人事は難航か/自民県連[2017.07.25]

ウナギで元気 - きょう土用の丑写真付き記事[2017.07.25]

「幻の大寺院」実像を感じて - 来年、発見から10年で/奈教大で常設展示写真付き記事[2017.07.25]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ